■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

東北の二百名山・花の百名山、神室山(1365m)と和賀岳(1440m)
18.7.8(日)~10(火) 晴れ 東北の二百名山2座を巡り森と花と温泉を楽しむ

東北の山は深くアプローチが長い、東京から車で廻れる機会を得たので2座を巡り、天候にも恵まれ森と花と温泉とグルメを楽しんだ。直前のT社ツアーは川の増水と落石で和賀岳を回避したが、我々は天候も良くなり前日に落石も処理され登ることが出来た。山深く時間がかかるコースなので余裕をもって行動した方が良い。

9日神室山:晴、神室山は山形県の北部、秋田との県境にありどっしりした風格を備えた神室連峰の盟主、非火山性の隆起山脈、鳥海山・栗駒山・焼石連峰の中間的な位置にある。
山形県最上郡金山町のシェーネスハイムに前泊し温泉と料理を楽しみ、有屋登山口から金山川に沿って進み、二俣からブナ林の急登、八幡神で稜線に出ると高山植物がお出迎え、山頂では周辺の山々の展望が楽しめる。尾根に取付いてすぐの所で行き帰りジバチに各々1~2箇所刺される。痛いがリンデロン軟膏が良く効いた。出会ったの単独で車中泊しながら東北の山めぐりをしている静岡の72歳男性だけの静かな山だった。(8日曇8時京王永山発15時半金山着)
シェーネスハイム金山5:05~5:15有屋登山口5:25→6:55二俣→9:05八幡神→9:50神室山山頂10:20→10:55八幡神→12:20二俣→14:00有屋登山口~15:10沢内バーデン  8時間35分、11.5km、累積標高1140m
10日和賀岳:晴、和賀岳は真昼山地の主峰で、岩手県西和賀町と秋田県仙北市の県境にある。岩手県西和賀町の沢内バーデンに前泊し、変化に富んだ高下コースを往復し、高下分岐まで美しいブナ林を登り、和賀川に降って渡渉、ブナ林の急登を経てこけ平にでるとお花畑が続き、山頂周辺はニッコウキスゲの群落におおわれている。
このルートを開いた佐々木さんの82歳誕生日登山7名と単独男性に出会い、今日のお山は賑やかだった。沢内バーデンは食事も温泉も良く、下山のあとの無料入浴でさっぱりして新幹線に乗れた。
沢内バーデン5:00→5:55高下登山口6:10→6:50赤沢分岐→7:20高下分岐→8:10和賀川渡渉8:30→10:20こけ平10:35→11:10和賀岳山頂11:30→12:00こけ平→13:10和賀川渡渉13:30→14:20高下分岐→15:15高下登山口~16:00沢内バーデン~18:10大曲駅   9時間5分、11km、累積標高1380m

神室山マップ   クリックで拡大
神室山
シェーネスハイム(美しい家)金山と夕食
シェーネスハイム金山
金山夕食
神室山有屋登山口
神室登山口
金山川に沿って進む、枝沢を3つ渡り、2番目のアルミ橋を渡ると二俣
金山川
二俣、ここからブナ林の急登が始まる
二俣
尾根道の大半は美しいブナ林
尾根道
ブナ林
ブナ林 (2)
尾根道の上部から望む神室山、右は避難小屋
神室山
神室山山頂、中央奥は早池峰山
神室山頂 (2)
神室山山頂の展望、中央奥が前神室山
山頂展望
神室山山頂の展望、眼下は避難小屋、中央奥が小又山
神室山頂
神室山の花たち、ウリノキ
ウリノキ
ガマズミ
ガマズミ蒲染
マタタビ
マタタビ
ハクサンフウロウ
ハクサンフウロウ
マルバダケフキ
マルバダケブキ
ニッコウキスゲ
神室ニッコウ
センジュガンピ
センジュガンピ千手岩菲
ハクサンシャクナゲ
ハクサンシャクナゲ
ウラジロヨウラク
ウラジロヨウラク
ウツボグサ
ウツボグサ
和賀岳マップ
和賀岳
沢内バーデンの夕食、対応、食事、温泉とても良かった
沢内バーデン夕食
和賀岳登山口
和賀登山口
和賀登山口 (2)
素晴らしブナ林が続く
ブナ林 (2)
ブナ林 (4)
ブナ林
ブナ林 (3)
北面に苔がいっぱいのブナ
苔ブナ
大きなコブをもったブナ
ブナ
たわわに実ったブナの実
ブナの実
大きくて真っ直ぐなダケカンバ
ダケカンバ
ダケカンバ (2)
高下分岐
高下分岐
和賀川の渡渉
和賀川渡渉 (2)
和賀川渡渉
和賀岳山頂
和賀岳山頂
今日82歳の誕生日を6人の若者と山頂で迎える佐々木静夫さん、左ラン岳ことHAYASHIの右、背筋すっきり顔つやつや、22歳の時このコースを開いた
佐々木静夫
ミネウスユキソウ
ウスユキソウ
ニッコウキスゲとハクサンフウロウ
キスゲとフウロウ
和賀岳山頂周辺を埋め尽くすニッコウキスゲの大群落
キスゲ (4)
キスゲ (3)
キスゲ
キスゲ (2)




スポンサーサイト
ヤマ(登山):東日本の山 | 20:25:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
秋川渓谷南沢あじさい山ウオーキング
18.7.4(水) 小雨のち曇 小雨のなか武蔵五日市でアジサイをめでる

武蔵五日市の深沢には、今年米寿を迎えてた南澤忠一さんが40歳から始め、今や三十種類一万株になったあじさい山がある。
6月下旬が見頃だが、まだたっぷりとアジサイの花を楽しむことが出来た。最初は一人で始められたが今はボランティアも含めた人達が支援し入園料500円もとって整備にあたっている。平日だがそこそこ人が入っていた。
金毘羅山やトレランもどきのつもりだったが、雨なので深沢の探索に集中した。アジサイの時期に大樫からアジサイ山を経て金毘羅山か瀬音の湯に行くのがお奨めです。

武蔵五日市駅8:45→9:16あじさい山入口→9:34山抱きの大樫→11:00深沢家土蔵→11:40あじさい山入口11:25→12:05武蔵五日市・初後亭  3時間20分、9.6km、累積標高863m

南沢あじさい山の案内とマップ  クリックで拡大
アジサイ園
アジサイ園 (2)
武蔵五日市の駅からあじさい山まではジイージイ―のポールと案内標識が導いてくれる
ジイージイー
あじさい山入口
数々のアジサイとあじさい山
アジサイ (9)
アジサイ
アジサイ (8)
アジサイ (7)
アジサイ (6)
アジサイ (5)
アジサイ (4)
アジサイ (2)
アジサイ (3)
あじさい畑:アジサイを挿し木で育てて山に植えている
紫陽花畑
深沢小屋:入口近くにあり食事もできる
深沢小屋
深沢屋敷跡
深沢屋敷
深沢屋敷 (2)
深沢小さな美術館
美術館
山抱きの大樫
カシ
カシ (2)
あじさい山入口の手前に東京消防庁山岳救助隊の訓練場があり訓練中だった
山岳救助隊
ゴールは武蔵五日市駅近、自家栽培の小麦・そばを使う初後亭の冷やしおろしうどん、地元野菜が沢山で美味しかった
初後亭
ひやしおろしうどん




ラン(ランニング) | 20:43:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
帰省し周防大島や野良仕事など
18.6.21~30 帰省し周防大島訪問や野良仕事などにいそしんだ

山口東部・柳井の向かい側にある金魚のかたちをした島、瀬戸内のハワイ・周防大島のジャム屋を見学に行き、合わせJAの田舎料理店と星野哲郎記念館に行き、竜崎温泉でのんびりして帰った。
夏が近づき雑草の成長が早くなり筍もまだ出ているので、草刈・筍切り、除草剤散布、伐採・焼却、道路掃除、アジサイ挿し木と野良仕事も満載。大雨により家の周囲の水の流れも確認出来た。
また、古文書を見てもらったり、土蔵やログハウスの活用策も進展している。

JR大畠駅近くにあるJAの田舎料理レストラン、バイキングで品数が豊富、とても美味しい  クリックで拡大
CIMG3139 (1024x768)
島のジャム屋・瀬戸内ジャムスガーデン、ジャムの種類が豊富だが、レモンはかき氷ソースしかなく、レモン商品の参考にはならなかった。Uターンの夫婦がやっており情報発信が上手でセンスあり、広島など県外のお客が多い
CIMG3143 (1024x768)
季節のジャム作り:5月小夏みかん・バラ、6月すもも・梅、7月ブルーベリー、9月栗・いちじく、かき氷シャムソースも評判
IMG_20180701_0001.jpg
星野哲郎記念館:周防大島生まれで清水の高等商船学校卒業の船乗りだった
CIMG3145 (1024x758)
CIMG3146 (1024x768)
孟宗竹を伐採した後に植えたクヌギ・コナラが成長し下草刈りも楽になった。もうじきカブトムシが舞うだろう
CIMG3161 (1024x768)
アジサイの挿し木を始めたが育ってきた
CIMG3164 (1024x768)
田圃に隣の竹が倒れこみ撤去をお願いしても進まず困惑、草刈の時邪魔になり危ない
竹
古文書を郷土史家に見てもらっている
CIMG3149 (1024x768)
CIMG3152 (1024x768)
土蔵を事務所、ログハウスをシェアオフィスとして活用したいと思っている
CIMG3166 (1024x768)
CIMG3170 (1024x768)










田舎 | 21:50:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥多摩、三頭山(1531m、三百、奥多摩三山)
18.6.17.(日) 曇 ツアーガイドで檜原都民の森の植物をご案内し数馬の湯に降りる

大手のツアーガイドに森林インストラクターとして参加、下見を活かして花やブナをご案内。
ツアーは25周年記念と銘打って、ヨガ体験、植物講座、マシュマロクキングに弁当、アイス、豚汁、温泉付とテンコ盛り、参加人数も多く膝痛・足つりの人もおられ時間もかかり気忙しい一日でした。

武蔵五日市~檜原都民の森9:20→9:50森林館(ヨガ・植物講座)10:35→11:10三頭大滝→12:30ムシカリ峠→13:05中央峰→13:25三頭山西峰13:50→15:35槙寄山(マシュマロクキング)16:00→16:40数馬分岐→17:50数馬の湯~武蔵五日市  7時間15分、9.3Km、累積標高1125m

三頭山ツアーマップと25周年10大特典   クリックで拡大
三頭山
三頭山花
IMG_20180618_0001 (809x1024)
檜原都民の森の見所はブナ林と巨樹、巨樹第三位のシオジ
シオジ
シオジ (2)
三頭山中央峰の道のそばに小鹿がうずくまっていた、黒目が見えないのが気になった
小鹿
三頭山西峰の頂上は広い、東京都が立派な標識を建てた
西峰
槙寄山の手前でイチヤクソウが見られる
イチヤクソウ




ヤマ(登山):東京近郊の山 | 20:01:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
相模川ウオーキング
18.6.14(木)曇 相模川を大島から下溝まで歩く

橋本からコミュニティバスで大島の自然の村に行き、川に沿ったり離れたりしながらふれあい科学館に行く、烏山用水の遊歩道を歩いた後は道路が大半、相模原市の花「アジサイ」を所々で楽しみ、最後は人工の三段の滝をみて相模原線の上溝駅に着く。
ここから橋本にでて、中華でゴールはビールとなった。

大島・自然の村(清流の里)8:50→11:13ふれあい科学館11:50→14:30上溝駅  5時間40分、15km

自然の村と相模川ウオーキングコース案内板、途中は金属製の古い球形標識しかなく道が分りにくい クリックで拡大
相模川案内
清流の里
相模川に出ると大勢の釣り人、眼前は巨大な圏央道
相模川圏央道
大島キャンプ場
自然の村
自然の村には古民家もある
古民家
相模川の土手のネムノキ
ネムノキ
ふれあい科学館手前のヤマユリ
ユリ
烏山用水:1858年、下野国烏山藩の大久保氏が、田名宗祐寺近辺の岸壁に取水口を設け、久所(ぐぞ)河原を開田する目的で相模川の水を引き入れた用水路、相模原の農村風景百選に選ばれた景観として有名。
烏山用水 (2)
烏山用水
相模原市の花アジサイが所々に咲いていた
アジサイ (4)
アジサイ (2)
アジサイ (3)
カシワバアジサイ
カシワバアジサイ



ラン(ランニング) | 22:39:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ