■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第30回ファイナル萩往還マラニック大会
17.7. 萩往還マラニック大会実行委員会より最終回・特別枠の案内

「萩往還」とは、慶長9年(1604)毛利輝元が萩城築城後に山陰と山陽を結ぶ参勤交代道として開いた道で、萩往還マラニックはこの歴史の道を、広く全国にPRしようと、平成元年(1989)から開催している、マラソンやウォーキングを楽しむ大会です。
マラニックとはマラソンとピクニックとを組み合わせた造語で、体力の限界に挑戦するだけでなく、歴史の道を探索したり、大会を通して参加者相互の親睦を深めることを目的としており、 毎年5月の連休中2日から4日にかけて、山口市の瑠璃光寺を会場として開催、競技は走ることを基本とした「マラニックの部」が250km・140km・70km・35kmの4種目、そして歩くことを主体とした「歩け歩けの部」が60km・35kmの2種目と、各人の体力・脚力に合わせて参加できるよう全6種目に分かれています。(30回では4種目)
超ウルトラの元祖であり、その厳しく変化にとんだ美しいルートで人気の大会ですが、大会事務局やボランティアの高齢化で続けるのが難しくなり、来年の30回大会で終わることとなりました。
自分は99年11回大会から12年24回大会までボランティアも含め連続14年250kmに参加し、チェックミスを除くと実質10回、公式には9回完踏しています。この大会で心身が鍛えられスパルタスロンも完走することが出来た思い出深い大会です。
先日、この大会実行委員会より、第30回ファイナル萩往還マラニック大会特別枠についてのご案内がきました。
①10回以上完踏者:全種目参加優先権と特別Tシャツ・ゼッケン用意
②250km9回完踏者:250kmの先行枠 とのことです。
途中まででも走りたいのですが、13年の事故以来レースで走れる状態ではないので参加を諦めます。これも天の声、今までやれなかったことを頑張っています。   以下クリックで拡大
30回萩往還1
30回萩往還2
30回萩往還3





スポンサーサイト
ラン(ランニング) | 21:33:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
箱根 仙石原マラニック
17.7.1(土) 曇り 関東マラニックの会で箱根・仙石原をウオーキング

メンバーの方が所有の温泉付きリゾートマンションをベースに、金時山登山の予定だったが、雨予想もあり仙石原ウオーキングに変更。
天候が悪いこともあり静かでしっとりとした仙石原名所めぐりを味わった。

マンション10:30→11:05仙石原湿原→11:30湿生花園→12:20公時神社→12:45長安寺→13:15ガラスの森13:32→14:00ポーラ美術館遊歩道14:20→14:50マンション 13km、4時間20分、標高640m
2日(日)曇り 久しぶりに尾根緑道を12kmゆっくりジョギング

箱根 仙石原マップ  クリックで拡大
仙石原マップ (1024x553)
ベースの温泉付きリゾートマンション 視界が良いと窓から金時山が望める 
マンション
仙石原湿原
仙石原湿原
仙石原湿原 (2)
公時神社
金時神社
金時神社 (2)
長安寺:創建は1356年、自然に囲まれた静かな佇まい、四季折々の風景が美しく、秋の紅葉と五百羅漢は有名
長安寺
五百羅漢
五百羅漢 (2)
長安寺のイワタバコ
イワタバコ
仙石原マラニックの道
マラニック
ポーラ美術館周辺のヤマボウシ
ヤマボウシ
ポーラ美術館と遊歩道、ヒメシャラ・ブナの巨樹あり
ポーラ美術館
ポーラ遊歩道 (2)
ポーラ遊歩道
マンションオーナー宅での懇親会、奥の大型スクリーンで湿生花園の植物解説を聞く
懇親会


ラン(ランニング) | 20:48:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
尾根緑道の桜とジョグ
17.4.9(日)小雨 久しぶりに小山内裏公園と尾根緑道を桜みながらジョグ

私のランニングコースを桜を愛でながら久しぶりにジョギング、雨模様で彩は今一もソメイヨシノは満開。八重桜はこれからだが春の香りをかぐことができた。    12.3Km、1:35
桜の原種は9、園芸種(里桜)合わせ600種、日本の8割はソメイヨシノ(エドヒガン+オオシマザクラ)、江戸中期に染井村(駒込)の植木屋により吉野桜として売り出され明治初期に染井吉野となった。

小山内裏公園は鮎の道、戦車道路、尾根緑道が連なっている  クリックで拡大
鮎の道
戦車道路
尾根緑道
野生の桜
ヤマザクラと紅枝垂れ
山桜紅枝垂れ
コブシとヤマザクラ
コブシ山桜
紅枝垂れ
紅枝垂れ
ソメイヨシノ
ソメイヨシノ
カタクリは株がふえたが雨と時期が終わりで目立たない
カタクリ
IMGP2807 (1024x768)
シロタエ (2)
首都大学東京のソメイヨシノとシンボルタワー 
CIMG0594 (1024x759)
番外で靖国神社のソメイヨシノ、この中に開花時期を判断する標本木があるが、大事にされ周囲より早く咲きました
CIMG0593 (1024x749)


ラン(ランニング) | 19:41:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
お花見マラニック 清水山カタクリ、光が丘公園・石神井川サクラ
17.4..2(日)晴れ 関東マラニック恒例のお花見マラニック

全国に先駆け都心で桜の開花宣言がでた今日、恒例のお花見マラニックを行った。関東ふれあいの道を走破した面々も、齢を重ね最近はラン組ウオーキング組に分かれる。今日は全員ウオーキングでの花見となった。
西武の石神井公園駅からバスで清水山に行き、整備されたカタクリ公園を探索し、光が丘公園・石神井川と桜を愛でて歩き、東武の大山駅付近でゴールはビール。自分はその手前の氷川台の駅で失礼し、南大沢の菜の花をみて入浴・ビールとなった。

石神井公園駅10:45~土支田11:00→清水山11:30→稲荷山11:40→12:00光が丘公園12:30→石神井川・中之橋13:50→14:25氷川台駅  3:25、8.7km

清水山の森案内 クリックで拡大
清水山
清水山カタクリ (1024x750)
カタクリ、種子から開花まで7~8年、二枚葉を出して花を咲かすが、翌年は一枚葉となり開花を休む。
カタクリ (2)
清水山2
ニリンソウ、キンポウゲ科の多年草、本州中部以北の落葉樹林の林床に群生、根生葉は長い柄があり、早春,高さ約20センチメートルの花茎の先に,普通二個の白花をつける。
ニリンソウ
ヒトリシズカ(一人静)、センリョウ科、山地の林の下や土手に生息する多年草、花言葉は「静謐、隠された美」、春先に白いブラシ状の花が柄の上につく、花のように見えるのは雄しべで花弁はない。
ヒトリシズカ
ショカツサイ(諸葛菜)、名は三国志に登場する諸葛亮(しょかつりょう)が出陣の先々でこの種子を蒔いたことから来ている。葉の形が大根に似ていることから花大根(ハナダイコン)とも、紫花菜(ムラサキハナナ)、大紫羅欄花(オオアラセイトウ)などの別名もある。
ショカツサイ
清水山3
光が丘公園は花見客でいっぱい
光が丘公園
石神井川の桜
石神井川
南大沢の菜の花と桜
南大沢菜の花


ラン(ランニング) | 21:26:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
秋吉台トレイル、冠山(377m)
17.2.18・19(日) 晴れ 秋吉台トレイルと宇部~秋吉台~萩のルート確認

帰省し、母・兄の見舞いに行くとともに、萩往還と秋吉台トレイルの下見のため、宇部~秋吉台~萩の車道を確認し、秋吉台の冠山周辺を散策した。 377m 2km
秋吉台ははるか昔、遠い海でサンゴ礁として誕生し、それから約3億5千万年、ドリーネや鍾乳洞が発達した石灰岩の台地・カルスト台地となりました。石灰岩の中にはサンゴ、ウミユリなどの地球と秋吉台の長い歴史を示す化石が見つかります。
秋吉台はかつては森林で、中世、農業の発展にともなって日本各地で草原が誕生しました。秋吉台でも木は切られ一面の草原となり、草は家畜の飼料や有機肥料などに、また、ススキは屋根の材料として大切にされ、良質の草原を維持するために山焼きが行われました。秋吉台の草原は人の営みによって生まれた自然なのです。
山焼きは2月第3日曜日、今年は19日に行われ、男性が1名事故死という不幸があった。

秋吉台トレイルマップ (902x1280)
秋吉台トレイルマップ   クリックで拡大
CIMG0367 (1280x960)
北山(377m)方面
CIMG0371 (1280x960)
CIMG0374 (1280x960)
冠山(377m)山頂
CIMG0378 (1280x960)
CIMG0379 (1280x960)
長者ヶ森
CIMG0380 (1280x960)
CIMG0381 (1280x960)
帰り水・ウバーレの上部CIMG0357 (1280x960)
維新山(我家)の花たち、枝垂れ梅、ミツマタ、水仙
CIMG0387 (1280x960)
CIMG0382 (1280x960)
CIMG0389 (1280x960)
山口宇部空港と宇部市街
CIMG0395 (1280x960)
宇部から東京への上空から、手前から南アルプス(中央のピラミダルが北岳)、八ヶ岳、北アルプス
CIMG0398 (1280x960)
駿河湾と富士山
CIMG0405 (1280x960)
東京湾上空から、左から右へ、富士山、南アルプス、丹沢連峰

ラン(ランニング) | 20:36:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ