■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

奥多摩 天地山(981m)
17.6.18(日)曇り 大日岳の鋸尾根から派生の山

多摩地区の山の会の山行に参加、天地山は大日岳から奥多摩駅に下る長い鋸尾根の鋸山の直下から北東に派生する尾根にある。山と高原地図にはルートなく、奥多摩詳細図には破線があるが道標のないバリエーションルート。
立川でホリデー快速に乗り、奥多摩駅より歩いて取付く。まず最初に愛宕神社の急な石段187段を登る。山道に入るとコアジサイが歓迎してくれる。
鋸山(1109m)下の道標が天地山への分岐の目印で、行き止まりの古い標識がある。急な尾根を下るが、おかしい、天地山手前のコルの高度約900mより下に下ったが前方にそれらしきピークなく、左方向にある。地図をスマホにダウンロードしている者からも違うの声あり。取付きから左折気味に入るのを間違って右の尾根を下ってる。
引き換えし、時間が経過し1人バテ気味なので来た道を奥多摩駅に戻り、またホリデー快速に乗り、立川で反省会となった。
自分の間違いの要因は、リーダー任せ、分岐の注意不足、ネット情報が逆ルートで分岐の注意なし、であった。

8:21奥多摩駅8:30→9:05愛宕神社→9:25電波塔→10:05天聖神社→11:45三角点1046m→11:55天地山分岐12:15→12:50約850m地点→13:45天地山分岐14:00→16:30奥多摩駅 8.5Km、8時間、累積標高1415m

天地山とその周辺図  クリックで拡大
天池山 (1024x691)
愛宕神社の急な石段と神社広場
愛宕神社の急階段
愛宕神社
コアジサイ、香りもよい
コアジサイ
コアジサイ (2)
トリアシショウマ
トリアシショウマ
天聖神社と石仏
天聖神社と石仏
鋸尾根のクサリ場
鋸尾根鎖場
天地山への分岐にある行き止まりの道標
天池山への分岐
間違って下った急な尾根
急な尾根下り
急な尾根下り (2)
分岐からすぐ左手にある見落とした目印
見落とした目印





スポンサーサイト
ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:55:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥多摩 蕎麦粒山(1473m)、三ツドッケ(天目山、1575m)
17.6.3.(土) 晴れ 奥多摩日原街道・長沢背稜の奥深い2つのピークを縦走

特徴的な山容からその名がついた2つの山は、奥多摩駅から日原街道沿いの長沢背稜にあり秩父と接している。奥深く、登山者が少なく、静かな山歩きとブナ・ナラ林をはじめ自然が楽しめる。しかし、コースガイドで歩行時間7時間10分、距離15kmの健脚コースです。
蕎麦粒山は端正な三角錐の山容、三ツドッケはピーク(トッケ)を3つ連ねた姿からその名がついたといわれてる。
奥多摩駅から日原方向のバスに乗り、川乗橋から鳥屋戸(とやど)尾根に取りつく。破線の道なので要注意、笙ノ岩山1255mまで急登が続くが道は明瞭、真っ直ぐの尾根に入らず左に行くところが間違いやすいが赤テープがある。雨天時には下りたくない。秩父側は植林、東京側は広葉樹が多い。アップダウンを繰り返し十字路を直進すると蕎麦粒山、2人に追い抜かれ1人すれ違っただけの静かな山登りを満喫した。
山頂には数名いる。川苔山方面以外展望がない。ここから一杯水避難小屋までは仙元峠以外穏やかなトラバース道、小屋から三ツドッケまで急登あり、シロヤシオやミツバツツジが群生しているが時期が遅く多少残ってる程度だった。
三ツドッケ(天目山)は雲取山から川乗山まで素晴らしい展望。帰りは縦走路経由で避難小屋に戻る。人も増え道も良い。ここからヨコスズ尾根を下る。途中道幅が狭く左側が急傾斜のトラバースがあるが快適、最後は植林帯の急坂をジグザクで下り東日原バス停に着く。
3時台のバスがないので時間待ちを兼ね、唯一の食堂でささやかな「ゴールはビール」をし充実の山行を振り返った。

7:18奥多摩駅7:27~7:35川乗橋7:45→9:40大ブナ1900m→9:53笙ノ岩山→11:17十字路→11:25蕎麦粒山11:37→11:54仙元峠→12:45一杯水避難小屋→13:15三ツドッケ13:23→13:45一杯水避難小屋13:56→15:25東日原バス停16:17~奥多摩駅 7時間40分、14.3km、累積標高1500m

蕎麦粒山・三ツドッケ(天目山)マップ  クリックで拡大
蕎麦粒三ツドッケ
鳥屋戸(とやと)尾根の巨樹たち、松、モミ、ブナ  
CIMG0997 (1024x768)
CIMG1005 (1024x768)
CIMG1007 (1024x768)
CIMG1006 (1024x768)
途中で富士山が見えた。右は川苔山(かわのりやま、1363m)
CIMG1009 (1024x768)
秩父側は針葉樹の植林、東京側は広葉樹が多い
CIMG0999 (1024x766)
CIMG1017 (1024x768)
蕎麦粒山直下の十字路
CIMG1020 (1024x768)
蕎麦粒山山頂
CIMG1021 (1024x768)
蕎麦粒山山頂より日向沢ノ峰方向、こちらからの登山者が多い
CIMG1022 (1024x768)
秩父・多摩の交易路だった仙元峠と祠、峠というより小ピーク1444m
CIMG1024 (1024x768)
CIMG1023 (1024x768)
一杯水、枯れていた。あてにできない水場
CIMG1028 (1024x768)
一杯水避難小屋、綺麗でトイレあり、雰囲気も良い
CIMG1029 (1024x768)
シロヤシオ(愛子さまのお印で人気となった)とヤマツツジ、少し遅かった
CIMG1033 (1024x768)
CIMG1035 (1024x768)
三ツドッケ(天目山)山頂、天目山は東京、三ツドッケは埼玉の呼称
CIMG1036 (1024x768)
山頂から、左大岳山、右御前山、後は丹沢山塊
CIMG1037 (1024x768)
中央が雲取山2017m、右は白岩山1921左端が鷹ノ巣山1737と石尾根
CIMG1039 (1024x768)
ミズナラの祠、なかには観音様のような?
CIMG1030 (1024x768)
ヨコスズ尾根の道
CIMG1043 (1024x768)
東日原の食堂でささやかにゴールはビール、良き山良き山行だった。
CIMG1044 (1024x768)







ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:34:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥高尾縦走路 堂所山(731m)、影信山(727)
17.5.20(土) 快晴 高尾山~陣馬山縦走路の中間の2山を周遊

JR相模湖駅より明王峠に登り、縦走路の堂所山、景信山、小仏城山を縦走し、東海自然歩道を下り甲州街道にでて相模湖に戻り、駅前の山麓酒場「かどや食堂」でゴールはビールとなりました。
明王峠への道は植林の尾根道で最初は急、堂所山は巻き道があり静かな山、景信山と小仏城山は茶店があり人も多く、富士山など展望が良い。走りやすいところはゆっくり走る。
どちらの茶店もビールが良く売れていた。まだ歩かねばならないのに、飲む方も売る方もいかがなものでしょう。

相模湖駅8:00→9:40明王峠→10:00堂所山→10:45影信山10:55→11:30小仏城山11:40→12:25千木良→12:55相模湖・かどや食堂  4時間55分、15Km、累積標高1180m

堂所山・景信山  クリックで拡大
堂所・影信山
登山口の与瀬神社、急な階段がある
CIMG0951 (1024x768)
しばらく登ると相模湖と石老山の展望がある
CIMG0956 (1024x759)
明王峠への尾根道、桜の巨木がある
CIMG0958 (1024x768)
明王峠のヤマツツジ、茶店はお休み
CIMG0960 (1024x756)
明王峠から望む富士山
CIMG0961 (1024x768)
堂所山への縦走路、トレランも相変わらず多い
CIMG0963 (1024x768)
景信山山頂
CIMG0966 (1024x768)
景信山の茶店、2軒ありなめこ汁が美味しい
CIMG0970 (1024x768)
小仏城山の茶店
CIMG0971 (1024x768)
甲州街道に下る東海自然歩道
CIMG0974 (1024x768)
小原宿本陣、神奈川県に26あった本陣のうち唯一現存
CIMG0977 (1024x768)
CIMG0975 (1024x768)
山麓酒場の上位に入る「かどや食堂」の肉豆腐と冷やしトマト、安くて美味しくてボリュームがある。吹き抜けの 2階に回廊のギャラリーがあり、野生の芍薬の写真があった。
CIMG0979 (1024x768)


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:05:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥多摩 三頭山(三百、山梨百、1531m)
17.5.14(日) 曇り時々霧雨  ブナの新緑と数馬の湯を楽しむ

ブナの新緑をお目当てに三頭山に行く。東京都民の森から行くのが一般的だが、歩いてなくて人が少ない山梨側から入山した。
鶴峠バス停には立派なトイレ、峠は少し登ったところ、三頭山へは自分ともう一人だけ、他は奈良倉山方面。
歩きやすく静かな山歩き、時々作業道と交差する。コナラ、ナラ、ブナの緑のカーテンのなかを行く、前半はトラバース気味、後半は尾根道、新緑はベスト。
山頂から人が多くなる。食事をとり富士山を眺めて数馬の湯に下り、ゴールはビールとなった。

JR上野原8:10~9:15鶴峠9:23→10:13向山分岐→11:25三頭山11:38→11:52ムシカリ避難小屋→12:00都民の森分岐→12:50槇寄山→14:03数馬の湯16:08~武蔵五日市  11KM、4時間40分、累積標高1210m

奥多摩 三頭山(1531m)マップ   クリックで拡大
三頭山MAP
ブナのなかを歩く、高度があがると太くなった 東京都水源林でもある   
ブナ1
ブナ2
ブナ3
三頭山山頂と晴れた日の富士山方面の展望
三頭山
頂上展望
曲がったブナ
曲がったブナ
ミツバツツジ
ミツバツツジ
オオカメノキ(ムシカリ)、葉が亀の甲羅に似てるから、ムシカリが多いのでムシカリ峠
オオカメノキ
ムシカリ
数馬の湯(温泉)とゴールはビール、こんにゃく・豆腐・舞茸油炒め
数馬の湯
ゴールはビール


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:40:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥多摩 弁天山292m、網代城山330、336mピーク
17.3.18(土)晴れ 武蔵五日市・秋川沿いの里山と滝やお寺を巡る

バスに乗らない近郊の山は時間に縛られないでよい。電車を気にせず駅でモーニングをとりゆっくりでかける。
武蔵増戸駅より秋川を網代橋で渡り、赤い鳥居から雑木林の山道を登ると弁天山、あきる野市や都心の高層ビルの眺めが良い。木段の尾根道を登ると雑木林に囲まれた網代城山、下ると里におりて小峰ビジターセンターに行く。ここは里山の環境保全に努めていて展示・資料がある。
桜尾根を登ると336mの最高点、尾根を下って金剛の滝を往復し広徳寺を拝観して武蔵五日市駅に行く。武蔵五日市には山麓酒場が、そば柳屋、うどん鶴亀、居酒屋まるま、食事処天芳とあるが、メモして来なかったので一般食堂の音羽でゴールはビールとした。
広徳寺は、臨済宗建長寺派の寺院、南北朝時代・1373年に創建された古刹、江戸時代中期の建造物と考えられている茅葺の山門や本堂がある。2つの門と本堂の重厚で風格のある姿と、都の天然記念物に指定されている最大級のカヤやタラヨウ、イチョウの巨木に圧倒され久しぶりに感動した。

武蔵増戸9:10→9:40弁天山→10:00網代城山→10:25小峰ビジターセンター10:35→11:00/336mピーク→11:30金剛の滝→11:50広徳寺12:05→12:30食堂・音羽→10分で武蔵五日市 3時間20分、9Km、累積標高700m

弁天山・網代城山コース案内  クリックで拡大
弁天山
長年愛用のMontrailのトレランシューズが壊れたので新しいMontrail、今までと同様グリップ力がありとても足にフィット、南大沢アウトレット探してたが良いものがなく、モンベルでColumbiaを教えてもらった。スポーツ界も企業再編、同グループになりColumbiaで買える。今日はトレランもどき、下りや平坦の走りやすいところをゆっくり走った。
CIMG0472 (1024x755)
網代会館向かいの登山口にある赤い鳥居
CIMG0475 (1024x768)
弁天山山頂からのあきる野市街と秋川、山田大橋
CIMG0477 (1024x768)
網代城山への木段の登り道
CIMG0480 (1024x768)
網代城山山頂
CIMG0481 (1024x768)
CIMG0482 (1024x768)
小峰ビジターセンターから桜尾根をのぼる。下部は桜のトンネル
CIMG0489 (1024x768)
稜線取付きにある馬頭観音
CIMG0490 (1024x768)
金剛の滝手前の雌滝、右の手掘りトンネルをくぐると雄滝
CIMG0493 (1024x768)
金剛の滝・雄滝、落差約14m
CIMG0495 (1024x768)
広徳寺案内板
CIMG0510 (1024x768)
広徳寺総門
CIMG0500 (1024x768)
広徳寺かやぶき山門
CIMG0501 (1024x768)
広徳寺かやぶき本堂
CIMG0508 (1024x768)
対の大銀杏とかやぶき本堂、11月中下旬には美しく黄葉し黄色の絨緞をつくる
CIMG0502 (1024x768)
東京都天然記念物のタラヨウの大木(19.1m)
CIMG0506 (1024x768)
東京都天然記念物のカヤの大木(24.5m)
CIMG0512 (1024x768)
農家の庭には桃が満開
CIMG0515 (1024x768)
沢戸橋で秋川を渡る
CIMG0516 (1024x768)




ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:00:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ