■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

奥多摩、三頭山(1531m、三百、奥多摩三山)
18.6.17.(日) 曇 ツアーガイドで檜原都民の森の植物をご案内し数馬の湯に降りる

大手のツアーガイドに森林インストラクターとして参加、下見を活かして花やブナをご案内。
ツアーは25周年記念と銘打って、ヨガ体験、植物講座、マシュマロクキングに弁当、アイス、豚汁、温泉付とテンコ盛り、参加人数も多く膝痛・足つりの人もおられ時間もかかり気忙しい一日でした。

武蔵五日市~檜原都民の森9:20→9:50森林館(ヨガ・植物講座)10:35→11:10三頭大滝→12:30ムシカリ峠→13:05中央峰→13:25三頭山西峰13:50→15:35槙寄山(マシュマロクキング)16:00→16:40数馬分岐→17:50数馬の湯~武蔵五日市  7時間15分、9.3Km、累積標高1125m

三頭山ツアーマップと25周年10大特典   クリックで拡大
三頭山
三頭山花
IMG_20180618_0001 (809x1024)
檜原都民の森の見所はブナ林と巨樹、巨樹第三位のシオジ
シオジ
シオジ (2)
三頭山中央峰の道のそばに小鹿がうずくまっていた、黒目が見えないのが気になった
小鹿
三頭山西峰の頂上は広い、東京都が立派な標識を建てた
西峰
槙寄山の手前でイチヤクソウが見られる
イチヤクソウ




スポンサーサイト
ヤマ(登山):東京近郊の山 | 20:01:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥多摩、三頭山(1531m、三百、奥多摩三山)
18.6.12(火) 曇のち小雨  都民の森から三頭山の3峰を廻り槙寄山より数馬の湯に降る

三頭山に下見山行に行き、時間をかけてイベントや休憩、草木の確認を行った。三頭山は中央峰(1531)、東峰(1505)、西峰(1524)と三つのピークがあり西峰が広く山梨県と接している。
曇り空だったが最後に少し小雨に合った。
武蔵五日市~都民の森9:30→森林館→10:42三頭大滝→11:55ムシカリ峠→12:27中央峰→12:40西峰13:10→13:27ムシカリ峠→13:40大沢山→14:13タメケタワ→14:55槙寄山→15:42数馬分岐→16:30数馬の湯~武蔵五日市 7時間、9km、標高差910m

三頭山マップ   クリックで拡大
IMG_20180615_0001 (1024x856)
オオバアサガラ(大葉麻殻)
オオバアサガラ
モミジイチゴ(紅葉苺)
モミジイチゴ
ヤワタソウ(八幡草)
ヤワタソウ (1024x768)
バイカウツギ(梅花空木)
バイカウツギ
オオバユキザサ
オオバユキザサ
ウリノキ(瓜の木)
ウリノキ
エゴノキ
エゴノキ
コアジサイ
コアジサイ
三頭大滝、落差33m
三頭大滝
三頭山西峰
西峰
西峰から富士山方面の展望
西峰展望
槙寄山(1188m)、ここから笹尾根が生藤山へ続き、陣馬山・高尾山へと連なる
槙寄山



ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:25:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
中央沿線、権現山(1312m、山梨百)
18.5.27.(日)晴 北尾根から尾名手尾根周遊のバリエーションルートを楽しむ

陣馬山から西、中央線の北側には扇山など親しまれた山々が並ぶ、権現山は扇山の北側に東西に長い尾根を伸ばしている大きな山で、この山群の中心的な存在です。
今回は山と高原地図には道がないが守屋詳細図には記載のある、北尾根から尾名手尾根を周遊するバリエーションでさわやかな天候にも恵まれて良い汗をかいた。
上野原からタクシーで腰掛部落に行く。民家の前を通って赤い橋を渡り尾根に取付くまでがわかりずらい。作業道と尾根とを進む。右が植林、左が落葉樹林になる。所々に急登があり気が抜けない。岩をさけ左斜面をのぼると展望のよい権現山山頂にでる。笹尾根から三頭山、雲取山から奥秩父への稜線が連なる。これから下る尾名手尾根は緩やかで長い。
ここから一般道になり麻生山までは気持ちの良い尾根道、三ツ森北峰は展望がよい。この手前は痩せ尾根が続く、大寺山で一般道と別れ尾名手尾根に入る。北尾根と違って傾斜がゆるく歩きやすい。ところどころに目印もある。最後は急坂で西原に降り、阿寺沢入口よりバスで上野原にもっどた。
上野原の駅は南口に新しい建屋がつくられ、バス・タクシーも北口から移動、狭い道でのバスの回転の妙技はもう見られない。山麓酒場の「一福食道」は移転なしで北口にある。お客が多く無理かと思ったら、二階に広い部屋があり、ゆっくりとゴールはビールを楽しんだ。

上野原~腰掛7:45→8:07アンテナ→8:40黄杭→9:25 1084m→10:25権現山山頂10:40→11:20麻生山手前11:50→12:30三ツ森北峰→13:14大寺山→13:57ヌカホヤノ頭→14:22山ノ神→15:20安寺沢入口~上野原  7時間25分、10.3km、累積登り1440m・降り1534m

権現山マップ   クリックで拡大
権現山
北尾根登山口は白い橋・民家の前・赤い橋と行くがわかりずらい
登山口
登山口 (2)
北尾根の登りは急登多く平坦なとこらが少ない
北登り
北登り (2)
北登り (3)
北登り (4)
権現山山頂、眺めは良いがもやっていた
権現山
権現山から麻生山への道、途中に観音像がある
麻生権現
観音像
麻生山山頂
麻生山
三ツ森北峰は鏡がある、大菩薩方面の眺めがよい
三森北峰
三ツ森北峰から大寺山への道
三森大寺
大寺山山頂、ここで一般道と別れ尾名手尾根に入る
大寺山
尾名手尾根を降る、赤松が多い
大寺山降る
ヌカホヤの頭は標識がある
ヌカホヤノ頭
権現山の花たち、権現山山頂付近のヤマツツジ、背景は雨降山とアンテナ
ヤマつつじ雨降
ギンリョウソウ
ギンリョウソウ
フタリシズカ
二人静
コアジサイ
コアジサイ
ヤマボウシ、ほかにもホウノキなど白い花が多かった
ヤマボウシ




ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:19:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥多摩・馬頭刈尾根、鶴脚山(916m)、馬頭刈山(884m、富士見百景)
18.5.23(水) 曇のち小雨 二つのピークを挟み、千足尾根から泉沢尾根を周回

FITの「低山はいかい」にはじめて参加、雨予想も次第に良くなり短時間の小雨で終わった。
泉沢尾根は守屋詳細図では廃道となってるが、山と高原では一般道となっており、標識あり道も良かった。
静かな尾根をはいかいし、いつもながらの植物観察に感心し、武蔵五日市のそば屋「魚鶴」でのふりかえりで、楽しい談笑、美味しいつまみとお酒に至福の時を過ごした。この店の品数は多く味も良いがご高齢で閉まるのは早い。

武蔵五日市~やすらぎの里9:10→茅倉9:25→9:40千足尾根登山口→11:08鶴脚山→11:35馬頭刈山11:50→12:40泉沢登山口→13:00貴布祢伊龍神社→13:15和田向バス停~武蔵五日市   4時間5分、6.4km、累高1118m、累降1144m

馬頭刈尾根マップ   クリックで拡大
馬頭刈尾根
茅倉の登山口とわらび畑
茅倉登山口
わらび畑
千足尾根から鶴脚山への登り、急登あり、馬頭刈尾根に近づくと笹の原、尾根に出ると8分で鶴脚山
登り
登り (2)
登り (3)
登り (4)
鶴脚山山頂
鶴脚山
馬頭刈山山頂、本日の天候では望めないが、富士見百景で開けてる
馬頭刈山
泉沢尾根分岐と降り道、標識あり道も良い、植林はしっかり施業されている
泉沢尾根分岐
下山路
下山路 (2)
山で会った花たち、ヤマツツジ
ヤマツツジ
ハクウンボク
ハクウンボク
ササバギンラン
ササバギンラン
コアジサイ
コアジサイ白紫
コアジサイ (3)
ヌタ場、イノシシの風呂場、体についたダニやシラミを泥と一緒に洗い落とす
ぬたば
泉沢登山口
下山口泉沢
貴布祢伊龍神社、二つの神社を一つにしてる、大きな欅と苔むした大岩がみごと
貴布祢伊龍神社


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 16:49:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
中央沿線、岩殿山(634m、山梨百、秀麗富嶽十二景)
18.5.19.晴れ 大月から見上げる岩肌と鎖場、桜、富士山の山

岩殿山は岩肌を露出した特徴的な姿で中央沿線の知られた山、高さはスカイツリーと同じ634(むさし)、山城の歴史と大月や富士山の眺め、春の桜、鎖場のある縦走路と特徴のある山です。
大月駅からの周遊コースでアクセスもよく登り易い。岩殿山まではコンクリートの階段が多い。稚児落しへの縦走路は痩せ尾根と2か所の鎖場があり少し緊張感も味わえる。
本日のゴールは気さくな食事処「うづき」、今日はご飯ものなしとかで、お昼のおむすびも食べさせてもらった。


大月駅9:00→10:00岩殿山→12:10大月駅  3時間10分、7.5km

岩殿山マップ   クリックで拡大
岩殿山
大月駅からの岩殿山
大月駅1
岩殿山登山口
登山口2
岩殿山丸山公園(ふれあいの館)からの大月市内と富士山
富士山3
岩殿城跡(あずまや)までは階段が多い
下り2<
下り
/a>
城跡と案内板、山頂には無粋な電波搭あり
楊城戸跡6
番所跡7
馬場跡10
東屋8
岩殿城案内9
本丸跡13
烽火台14
あずまやから本丸への道
本丸道12
稚児落し分岐から稚児落しまでの縦走路
稚児落し16
縦走路1
縦走路 (2)
縦走路2
鎖場が2か所あるが巻道もある
鎖場1
鎖場3
鎖場4
鎖場2
縦走路から岩殿山を望む
岩殿山望む
縦走路と兜岩、背景は岩殿山
兜岩
稚児落し
稚児落し
稚児落しから浅利への下り
下り15
本日の山麓酒場は大月駅ロータリーのうら「うづき」、ゴールは生、焼酎、奴、餃子、馬刺し、美味しい安い
うづき
うづき2


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 18:19:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ