■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

お盆休みに帰省し野良仕事
17.8.11~15 晴れ曇り小雨  草刈・伐採など野良仕事と事務仕事に勤しんだ。暑かった。

夏は草が良く伸びる。家廻りの草刈とともに、植えて数年の草木の下草刈りやつる切をして雑草から守らねばならない。
また、メタセコイアの巨樹が太陽光パネルに落葉を落としているので、将来を考え2段梯子の高さで伐採した。クレーン車を使い難易度の高い作業をしてもらった。
我家には上から下って入る道路があるが、下からの道もあり、部分的に拡幅しコンクリート舗装したので仕上がり具合を確認した。路肩に敷石やレンガを利用し、手作り感があってとても良かった。

今年植えたレモンの除草
レモン除草
3年前植えたクヌギ・コナラの下草刈り、しっかり生育している
CIMG1333 (1024x768)
3~4年前に植えたサザンカ・ツバキの下草刈り、生育は遅い。左はタラ
さざんか・ツバキ除草
メタセコイア巨樹を2段梯子の高さまで残して部分伐採、先ず初日は枝払い
打払い1
太陽光パネルに落ちないように、枝にロープをつけて切り落とす
枝払い3
枝払い4
枝払い5
2日目はクレーン車で吊りながら幹を輪切りにする
伐採1
伐採4
伐採5
作業者はキリコをあびながらチェーンソーで切る
伐採
輪切りにした幹、1つが300~600Kgある
伐採6
クスノキの枝も伐採しすっきりした
伐採7
伐採8
我家の入口部分、左がメインの道、右が今回の舗装部分、及びメタセコイアと太陽光パネル
道路入口
道路の上部、少し拡幅した
道路入口1
道路の中間部分
道路中間
道路の出口部分
道路出口1


スポンサーサイト
田舎 | 21:36:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
連休の山口生活
17.4.29~5.8. 山口宇部に帰省しエトセトラ

天候に恵まれ、野良仕事では筍掘り、整地、草刈、伐採、田圃の立会、レモン植え付けなど行い、5/1は恒例のログハウスでの懇親会を楽しんだ。
アウトドアでは鹿野地区の山野草と農家レストランを友人に案内してもらい我家のガーデニングの参考になった。
また、ツアーの下見を兼ねて秋吉台の地獄台周辺と萩往還の天花坂口と防府地区をウオーキングした。

維新山(我家)の花と鳥たち シャクナゲ、牡丹、シャガ、キジ・・・・・ 写真はクリックで拡大
シャクナゲ
ぼたん
CIMG0904 (1024x768)
しゃが
キジ
枝垂桜とログハウス
ログハウスと桜
我家の食材のご馳走 竹の子、タラの芽、フキ、ミツバ
我家の食材
鹿野地区(山口の広島・島根県境方向)の店舗マップ
鹿野店舗MAP (1024x741)
花と喫茶のさくやさんご自慢のお庭とお店、標高500mで水もあり高山植物も多い
花と喫茶、さくや (1024x781)
花と喫茶さくや
農家レストランたぬき 自然食で体にやさしく自家製の料理が多くて美味しい
たぬき
伊藤さんが75歳から手がけた山野草の森
山野草のエキ
長野山は1015mあるが頂上近くまで車で行けて数々の植物と展望が楽しめる
長野山1015
秋吉台の地獄台409m付近の景観
秋吉台1
秋吉台2
萩往還の天花坂口の石畳と250kmマラニックのランナー、萩往還250kmマラニックは今日5/4の18時が48時間の制限時間、自分は15回連続出場し10回完踏したが、今は昔です。
萩往還1
萩往還2
萩往還3


田舎 | 20:15:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
維新山・HAYASHIの花たち
17.3.24~26 帰省し会議、野良仕事、見舞い

社会福祉法人の会議で帰省し、伐採など野良仕事をするとともに母を見舞った。
ようやく春のおとずれが木々や花たちにあらわれてきた。残念だが母は11月の白寿を迎えるのは難しいだろう。
維新山(私の田舎の旧地名)HAYASHIの花たちをご覧ください。

レモンを植えたので日陰になる大木2本伐採・焼却  写真はクリックで拡大
CIMG0531 (1024x768)
ヒヤシンス
CIMG0537 (1024x768)
ミツマタ、三つ叉に分かれた枝の先に黄色い花を咲かせる。仲春の季語、皮は和紙の原料
CIMG0538 (1024x768)
サンシュユ、ミズキ目ミズキ科の落葉小高木、ハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマグミとも呼ばれ季語は春
CIMG0548 (1024x768)
ツバキまたはヤブツバキは、ツバキ科ツバキ属の常緑樹、照葉樹林の代表的な樹木、園芸品種の代表ワビスケ
CIMG0540 (1024x768)
CIMG0541 (1024x768)
ヤブツバキ
CIMG0542 (1024x768)
アセビ(馬酔木)、ツツジ科アセビ属の常緑低木、日本に自生、「馬」が葉を食べれば毒に当たり、「酔」うが如くにふらつくようになる「木」という所から付いた名前、鹿も食べないので山で多い
CIMG0543 (1024x768)
CIMG0544 (1024x768)
CIMG0545 (1024x768)
しきみ、常緑高木、有毒、仏事に用いる
CIMG0551 (1024x768)
クリスマスローズ、冬の季節に春がくる喜びを伝える
CIMG0555 (1024x768)
CIMG0556 (1024x768)
CIMG0557 (1024x768)

我家の巨木の一つ、枝垂桜も色づいてきた
CIMG0559 (1024x768)
雑草との戦い、防草シートをひいてレンガやタイルを置く
CIMG0550 (1024x768)




田舎 | 20:51:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
山口宇部帰省
17.1.26~29 帰省し野良仕事と母訪問(今年白寿)、社会福祉法人の会議

管理しやすいように庭石や石を集約し、庭木や樹木の植え替えを考えている。
手始めに庭石を集約し、小さな灌木を移植した。

CIMG0255 (1024x768)
9100m上空からの中央アルプス(手前)と北アルプス  写真はクリックで拡大
CIMG0262 (1024x768)
琵琶湖と雪の彦根平野
CIMG0263 (1024x768)
防府市の主要部、防府天満宮があり萩往還の終点でここから船で大阪往復、かっては塩田とカネボウ、今はマツダ
重機2機使用
バックホウと運搬車の重機を使って作業
CIMG0276 (1024x768)
集約した庭石
楠枝払い
楠木の枝払い
CIMG0273 (1280x960)
左が枝払い前の楠。孟宗竹を伐採した法面にクヌギ・コナラ(かれた葉の小灌木)を植え、道をつけている。
CIMG0272.jpg
孟宗竹を伐採したあとに垣根がわりの灌木とヤマザクラを移植、奥の建屋はサービス付き高齢者住宅
キジ
タヌキとキジの夫婦が遊びに来る。これはキジの雄

続きを読む >>
田舎 | 20:35:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
帰省し萩往還の下見
16.12.28~17.1.4 帰省し、企画中の萩往還トレキングの下見や野良仕事

比較的穏やかで温かい天候に恵まれ、孟宗竹や樹木の伐採、レモンなど剪定・移植、道路・墓掃除などの野良仕事に励むとともに、兄や母の訪問、近所の護国寺での初詣を行った。
また、企画中の萩往還トレッキング下見のため、萩往還語り部の会のガイドの案内で佐々並~明木~涙松まで約13kmを歩く。昨年の降雪で所々に倒木があったりイノシシ柵があった。今まで萩往還マラニックで何度も走っているが、見えなかったものが見えるとともに歴史をちょっぴり学んだ。
萩往還は1604年毛利の「お成り道」として開かれ、萩と三田尻(防府)をほぼ直線で結ぶ全長53Km、もとは参勤交代道だったが、山陰と山陽を結ぶ重要な交通路となり、幕末は維新の志士達が往来した歴史の道で、国指定史跡、歴史の道百選、美しい日本の歩きたくなる道などに選定されている。
行き帰りとも晴れた空の下で、南アルプスなどの山並みと富士山の眺めを楽しんだ。飛行機は省エネ飛行のため高度を天候などで変えており、行きは6100mの高度から右座席より南アなどアルプスを堪能、帰りは12000mの高度から左座席より富士山を望んだ。

甲斐駒・北岳 (1024x768)
南アルプス北部、左から仙丈、白峰三山、甲斐駒  写真はクリックで拡大
南ア (1024x768)
南アルプス中・北部、上より甲斐駒・仙丈、白峰三山、塩見、荒川三山、赤石
CIMG0192 (1024x768)
左から御嶽、乗鞍、北アルプス
駿河湾富士 (1024x768)
富士山 (1024x768)
富士山と駿河湾
萩往還 (729x1024)
千持峠と語り部 (1024x767)
佐々並から明木に下る千持峠と萩往還語り部の会のガイドO氏
落合石橋 (1024x768)
峠を下ると、落合の石橋、せり出して支えているのが特徴
CIMG0228 (1024x768)
中ノ峠下の一里塚(萩より3里地点、幕府との戦いでは距離が分からぬように標識を廃棄)
CIMG0224 (1024x768)
殿様の駕籠を置く、かせいが坂駕籠建場・茶屋跡
CIMG0230 (1024x768)
吉田松陰が萩に別れを告げた涙松
孟宗竹伐採
孟宗竹の伐採と処分、チェーンソーで切り、運び出せるものは燃やし、搬出が難しいものは棚を作って重ねる
道路掃除2
道路掃除
道路の清掃も間隔があくと、落葉や枝切れが沢山ある。落葉はレモンなど果樹の周りにかける。



田舎 | 19:08:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ