■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

高尾山(599m)と高尾の森自然教室
16.2.28(日)快晴 高尾山と温泉、高尾の森自然教室でイエローストーンの自然環境とフクロウの生体を学ぶ

高尾山は低山だが1300種の植物があり、日本全国の1/4、イギリス全土に匹敵する。北斜面にはブナ・カエデ・ミズナラ・サワグルミ・トチノキなど落葉広葉樹林、南斜面にはアカガシ・アラカシ・ウラジロカシなど常緑広葉樹林が分布している。
人混みやぬかるみを避け、早朝に尾根の稲荷山コースを登り、吊り橋の4号路から琵琶滝霞台コースを下る。快晴にも恵まれ富士山や人の少ない冬の高尾山を楽しんだ。
下山後は新しくできた京王高尾山温泉に浴す。閑散期1000円と少し高めだが、新しく綺麗で、温泉大手の極楽湯のノウハウが生かされなかなか良かった。独り、生中と刺身定食で打ち上げた。

高尾山口7:30→8:05東屋→8:45高尾山頂9:05→9:20浄心門→9:35琵琶滝分岐→9:50霞台分岐→10:05高尾山口・極楽湯  2時間35分、7Km、標高差460m、累積標高580m

午後からセブンイレブン記念財団と東京都が運営の「高尾の森自然教室」に行き、米国イエローストーン国立公園で活動している、スティーブ・ブラウン氏の自然環境の話を聞き、フクロウの吐き出したペレットを分析するなどしてその生態を学んだ。
宇部の実家にはフクロウがいるので、この鳥のことを知りたくて参加した。アメリカもバッファローやオオカミの絶滅の危機を乗り越え今日の自然環境保護となったことなど、フクロウ以外も良いお話が聞けた。

IMGP1629 (800x587)
高尾山口・清滝のケーブルカー乗場(始発8時)、右にあるのが高尾山のシンボル「ムササビ」の像、駅の左横が稲荷山コース登山口、その先が琵琶滝コース  写真はクリックで拡大
IMGP1635 (800x600)
高尾山山頂から富士山を望む、左は大室山、さらに蛭ガ岳と丹沢の山並み
IMGP1630 (800x599)
稲荷山コース、ところどころ根っ子道もあるが歩きよい尾根道
IMGP1639 (800x600)
4号路の吊り橋、薬王院を迂回し、喧騒がさけられブナなど森林浴が楽しめる
IMGP1650 (800x600)
登山道を下りて清滝手前にある七福神
IMGP1651 (800x600)
京王高尾山温泉・極楽湯、昨年秋オープン、温泉大手の極楽湯のチェーン店、駅から直結でアクセス抜群
IMGP1652 (800x600)
高尾の森自然教室、木材を生かした素晴らしい建屋、毎月イベントと森林作業開催、バスはわくわくビレッジまででアクセスに難点
IMGP1654 (800x600)
鳥類は捕食したものをまるごと飲み込み、骨など消化できないものをペレットとして吐き出す。フクロウの吐き出したペレットを水でとかし、その中の骨を該当する動物の図に当てはめる。自分のにはネズミ3匹いた。これは米国の教材。尚、フクロウの視野は260°、消音機能付きの羽をもち、薄明りで獲物を捕獲する。


スポンサーサイト
ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:44:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
丹沢、白山(284m)
16.2.21(日) 晴れ 丹沢の前衛、手軽に登れる里山、坂東三十三か所の札所結ぶ峠道

厚木市西郊の順礼峠から白山に延びる尾根は、最高点の白山が284mで丘陵の印象だが、平野部からせりあがっているので展望が開け、尾根には美しい雑木林が広がる。
七沢森林公園や関東ふれあいの道にもなっているので、道も良く、道標もしかりしている。物見峠はビューポイントで、厚木の市街地と相模平野が一望できる。白山の山頂は東側が開け、展望台があり厚木市街や相模平野が見下ろせ、ランドマークやスカイツリーがよくわかった。
白山神社に参拝し男坂を下ると飯山観音の裏にでる。真言宗の古刹で立派な仁王門がある。春は桜の名所。飯山温泉・ふるさとの宿で温泉に入り、本厚木駅前で打ち上げた。

本厚木~七沢病院入口9:10→9:35順礼峠→10:45物見峠→11:20白山12:00→12:40飯山観音→13:00ふるさとの宿~本厚木 3時間30分、5.2Km、上り380m、下り370m、累積標高600m

IMGP1609 (800x578)
順礼峠の地蔵坐像、坂東三十三か所札所の5番飯山観音・勝福寺/小田原から6番飯山観音・長谷寺/厚木に至る順礼の峠路 写真はクリックで拡大
IMGP1611 (800x600)
順礼峠から物見峠に至る関東ふれあいの道、ふゆの日だまりハイクが気持ち良い尾根道。
IMGP1614 (800x600)
白山展望台からの関東平野、正面がスカイツリー
IMGP1617 (800x600)
白山神社にある、山上でも涸れることのないという白山池
IMGP1615 (800x600)
巨大なスダジイ、1/16百草観音堂のより大きい、スダジイは本州新潟県以南の日本各地、朝鮮半島にも分布する常緑の高木。20m以上の高木となり、タブノキとともに日本の常緑広葉樹林を代表する樹木。
IMGP1620 (800x598)
坂東三十三か所札所の第6番霊場、飯山観音・長谷寺、素晴らしい雰囲気がある。
IMGP1624 (800x569)
飯山観音・長谷寺の仁王門には立派な阿吽(あうん)の像がありこちらは吽形像。阿吽の像容は上半身裸形で、筋骨隆々とし、阿形像は怒りの表情を顕わにし、吽形像は怒りを内に秘めた表情に表すものが多い。阿吽は仏教の呪文の1つ。悉曇文字(梵字)において、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。

ヤマ(登山):東京近郊の山 | 20:45:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
高尾山稜、景信山(727m)
16.2.20.雨 天候悪化で森林研修中止、予定変更で梅林見物を兼ね景信山に行く

奥高尾縦走路の中間に位置し、標高は陣馬山や堂所山より低いが、展望がよく2軒の茶店もあって人気の山。
雨も激しくなく、小下沢梅林の梅をながめ、人の少ない高尾の中心部を楽しんだ。
雪は日陰に塊がある程度で道や道標は整備されている。小下沢の梅林は七分咲き、ケヤキの大木はみごと、頂上の2軒の茶店は休業だった。

高尾北口~大下9:50→10:30ザリ窪出合→11:20南東尾根分岐→11:40景信山12:00→12:20小仏峠→12:55小仏~高尾北口 
3時間20分、8.4Km、累積標高750m

IMGP1593 (800x600)
小下沢梅林1400本、裏高尾周辺の数か所合わせ高尾梅郷で約1万本、3月12・13日第37回梅まつり開催
IMGP1602 (800x600)
ザリ窪から南東尾根分岐の斜面にはケヤキの大木がたくさんある。
IMGP1604 (800x594)
IMGP1605 (800x590)
景信山山頂と雨に煙る奥多摩方面の展望
IMGP1606 (800x599)
景信山の茶店の一つ青木屋

ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:18:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
宇部帰省 
16.2.11-14 宇部に帰省し野良仕事

太陽光発電の日当たりを良くするための枝払い・伐採や草刈がやりやすくなるように石や倒木の片付け、昨年に続き法面保護でクヌギ、ヤマクリ、ヤマザグラ、ケヤキ、ヤブツバキの植樹を行った。
また、初めてレモンを朝市に出荷したり、貸間や道路拡幅の打合せをおこなったり、今回も盛り沢山だった。

IMGP1585 (800x599)
羽田から山口宇部行きの飛行機は南アルプスの真上を飛ぶので、いつも右の窓側であかずに眺めている。
奥が甲斐駒・仙丈・北岳で手前が荒川・赤石岳。
IMGP1587 (800x576)
我家の神木、巨大なねじり槇の木の枝払い、右の枝におられる空師の仕事
IMGP1592 (800x600)
休耕田の太陽光発電周辺の整備、クローダー運搬車が役に立つ。


田舎 | 20:46:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
南高尾、草戸山(364m)、榎窪山(420)
16.2.7.(日)晴れ 高尾山の南、南高尾山稜に連なる山々

低山の雪の状態を見るため高尾山口からバス不要の周回コースの山々に行った。家を出るとき薄っすらと昨夜の積雪があったのでスパッツと軽アイゼンをザックに入れたが不要だった。
木々には昨夜の雪が残り時々落ちてくるが、道は倒木や凍ったところやぬかるみなく、雪景色を楽しみながらのんびり歩いた。
若い人はトレラン、年配者はこのルート熟知のベテランが多い。昔南高尾山稜をトレランした時を思いだしながら歩く。
草戸山からは城山湖、都内からスカイツリーまでの眺めが楽しめた。三沢峠からの下りは林道に入るとぬかるみ多く快適ではない。
高尾山口は京王の駅のリニューアル、温泉の極楽湯、八王子市のTAKAO599MUSEUMなど新しい施設ができより楽しめる。時間があったので、TAKAO599でサイホンコーヒーを飲み、森林インストラクターご指定の稲毛屋で食事し、高尾山口と高尾山との中間にある日本庭園「駒木野庭園」をみて高尾駅から帰った。

高尾山口9:40、9:50四辻、10:55草戸峠、11:10草戸山11:35、12:00榎窪山、12:45梅の木平、13:15高尾山口 9Km、3時間35分、累積標高640m

IMGP1557 (800x600)
リニューアルされた京王高尾山口駅、設計は新国立競技場で有名な隅研吾、木を生かしたデザインが特徴、この駅から新しくできた温泉「極楽湯」に直結している。  写真はクリックで拡大
IMGP1558 (800x596)
四辻から草戸山の間のトレイルランナー
IMGP1567 (800x600)
昨夜の降雪をまとった植林の杉
IMGP1568 (800x600)
草戸山山頂、松見平休憩所、神社と東屋があり展望も良い。この先にもふれあい休憩所・東屋あり。
IMGP1573 (800x600)
草戸山・東屋よりの展望、手前がロック・フィールドの城山湖、多摩丘陵、そして都心のビルの右側にスカイツリーが望める。
IMGP1574 (800x600)
高尾山口駅近くにある有名な料亭「うかい鳥山・竹亭」の一画、水車と藁ぶき屋根
IMGP1581 (800x600)
IMGP1579.jpg
高尾山口と高尾山駅の中間にある日本庭園「高尾駒木野庭園」枯山水、露地、池泉回遊式庭園など。







ヤマ(登山):東京近郊の山 | 20:33:13 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ