■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

奥多摩 馬頭刈尾根(まずかりおね 969m) 
16.4.23(土) 曇り 関東ふれあいの道、馬頭刈山~瀬音の湯が予定変更

武蔵五日市からバスで千束に行き、千束沢コースで、つづら岩~馬頭刈山(884m)~瀬音の湯の予定だったが、つづら岩で尾根に出て次の最高点969mのピークでお昼をとり尾根を進んだところで1人足がつり、予定を変更し千束尾根を茅倉に下る。足つり状態はひどく、漢方68番やバンテリンも効き目少なく、エスケープルートがあって助かった。
予定変更となったが、大小の滝やつづら岩のロッククライミング見物、森林浴やイワウチワの群生もあり、下山後、瀬音の湯にも入れて1日新緑の秋川の山々に浸った。
瀬音の湯は秋川渓谷にあり、あきる野市が2007年、総工費約25億円で建設した日帰り温泉入浴施設で宿泊施設も付随、強アルカリで湯質設備良く、東京近郊での自然を味わえる手軽なレジャー施設として盛況している。

武蔵五日市~千束8:15→8:40林道終点→9:45綾滝→10:40つづら岩→11:05ピーク969m11:45→13:45千束尾根分岐→15:15茅倉→15:30とうげん橋バス停~瀬音の湯~武蔵五日市 7時間15分 3km

IMGP1812 (800x598)
子天狗滝の次の天狗滝、落差38mで千束沢最大  写真はクリックで拡大
IMGP1815 (800x600)
つづら岩、3~4パーティが練習中。岩場は中ほどにバンドが走っており、上と下でピッチを切り、ルートの組み合わせは自由に可能、最大の高さは40数m。
IMGP1816 (800x600)
関東ふれあいの道、馬頭刈山への気持ち良い森林の尾根道
IMGP1817 (800x600)
イワウチワ、和名の由来は、岩の上に咲き葉の形が団扇(うちわ)に似ていること、茎先に花径3センチくらいの淡い紅色の花を横向きに1輪、よく似たイワカガミは1本の花茎にたくさんの花をつける。
IMGP1820 (800x600)
茅倉近くの竹林に筍が沢山出ていて、その1つは切株の真ん中を見事に突き上げていた。
IMGP1822 (800x600)
瀬音の湯に渡る秋川渓谷、山も里も笑う新緑の季節となった。

スポンサーサイト
ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:00:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
パウロの森で春の若菜を食す
16.4.16(土)晴れ パウロの森で春の若菜の食材研修

パウロの森は聖パウロ学園高等学校の学校林で、八王子市の北高尾山地に位置し、23ha(東京ドーム5個分)もの広大な面積を有している。かつて里山として使われていたクヌギ・コナラなどの落葉広葉樹、スギ・ヒノキなどの常緑針葉樹が混合した森で、林床には季節ごとにいろいろな山野草が咲き誇る自然豊かな森です。
聖パウロ学園高等学校から、荒れた学校林を整備し体験学習の場としたいとの話を受けて、2004年から森林インストラクター東京会のメンバーによる森林整備と森林環境教育活動が始まり、環境教育や各種イベントが行われている。
前から興味あり、今回「春の若菜を食す研修」で初めてパウロの森に参加しました。
高尾駅からバスで大久保へ移動、下車し学校へ向かう途中までは主に草本、森の中では木本の食材を集める。
主な食材は、ユキノシタ、タンポポ、ヤブカンゾウ、カラスノエンドウ、ノビル、イタドリ、ハルジオン、ナガバノスミレサイシン、ヤブレガサ、ハナイカダ、サンショウ、アケビ、ツバキ、シイタケ、タケノコなど、ヨモギ、フキノトウ、ツクシは旬を過ぎている。
主に天ぷらとおひたし。パウロ産のシイタケとタケノコの入ったちらし寿司、タケノコのすまし汁、デザートにはヨモギもちとパウンドケーキの豪華版、ヤブカンゾウ・ノビル・筍などが特に美味しかった。
食べたら危険なもの、どの部分が食べられるか、といったことも教えてもらいました。ニラと間違える水仙の事故が一番多いとのことです。

高尾駅北口8:55~大久保バス停→パウロの森13:00解散のち総会

IMGP1783 (800x599)
大久保バス停から聖パウロ学園高校までの道、ユキノシタ、タンポポ、ヤブカンゾウ、カラスノエンドウ、ノビル、など採取 写真はクリックで拡大
IMGP1787 (800x578)
聖パウロ学園高校のゲート、1948 年、東京赤坂に聖パウロ修道会によって設立、1972 年に男子全寮制として八王子に移転、2002年より男女共学・通学制に移行、自然豊かなキャンパスに1学年80名という徹底した独自の少人数教育、馬術部があり強い。
IMGP1794 (800x600)
森の広場、ここで調理と食事、道具小屋もあり活動のベースキャンプ地
IMGP1796 (800x600)
ヨモギもちをゆで、筍を焼く、筍の掘りたてはあくがない
IMGP1798 (800x600)
タンポポの天ぷら、花や蕾
IMGP1802 (800x600)
椿の花の天ぷら、花びらごとの方が食べやすい
IMGP1799 (800x600)
ヤブカンゾウの天ぷら、根際から茎の部分、生でもおしたしでも美味しい
IMGP1804 (800x600)
新緑のパウロの森を歩く
IMGP1810 (800x600)
ニオイタチツボスミレ:日当たりのよい山地や丘陵に生える多年草、花にはふくよかな芳香がある。茎は花の頃に高さ3~10cmになり、花のあとも伸びて10~30cmになる。葉は心形で長さ1~3cm、花柄は根元から立つか茎葉のわきから伸び、細やかな毛がある。花は径1.5~2cm。花弁は丸みがあり、紅紫色で基部は白い。





| 20:44:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
坪山(1103m) 中央沿線・花の山
16.4.10(日)曇り ガイドブックにない知る人ぞ知るお花(ヒカゲツツジ)の山

坪山は中央線・上野原駅よりバスで入山する山々の一つ、大菩薩の尾根続きで奥多摩・笹尾根の南に位置する。
ツツジのなかで数少ない黄色い花で有名なヒカゲツツジの群落があり、イワウチワ、イワカガミ、ミツバツツジも楽しめる。ヒカゲツツジとイワウチワが見頃でミツバツツジや馬酔木も咲いていた。下部は針葉樹、上部は広葉樹で赤松も多い。
西ルートを登り、食事休憩処のびりゅう館に下る周遊コースをとる。西コースは一気に登り、中腹よりヒカゲツツジ・イワウチワ群落がお出迎え、山頂は360度のパノラマで富士山も望めるが生憎の曇り空、下りの道は小ピークが多くなかなか下らない。危険個所や急なところはロープがあり、道標も整備されている。
この時期はお花目当てで沢山の人が入る。3つの山の会がバスチャーターで来ており、山頂は満杯になった。それなので山旅ツアーは各社平日に企画している。
下山後、びりゅう館でバスを待つ間、地元・西原の食材と満開の桜を堪能した。

上野原駅~八ツ田9:10→10:35坪山山頂10:55→12:10びりゅう館~上野原駅 3時間、4Km、累積標高680m 

IMGP1735 (800x600)
最初のお出迎えはカタクリ:日本、朝鮮、サハリンに分布、冬~春はよく日が当たり、初夏~秋は日陰になる落葉広葉樹の下に自生、地中深くにできる球根に良質のデンプンが含まれており、精製された粉がいわゆる片栗粉(現在出回っているものは、ほぼジャガイモから精製)  写真はクリックで拡大
IMGP1741 (800x600)
ミツバツツジ:関東から近畿東部の太平洋側に分布、主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育、4-5月頃に咲き花が終わってから枝先に三枚の葉がつくことからこの名がついた。
IMGP1747 (800x600)
ヒカゲツツジ(日陰躑躅)の群落
IMGP1744 (800x599)
ヒカゲツツジ:関東以西と四国、九州に分布する常緑の低木、高さは1~2mになり、山地の崖や岩の上に生育、若枝や葉柄、葉裏に円形の鱗状毛があり、葉は長楕円形で3~8cm、先はとがり互生するが、枝先に輪生状に集まってつく。花冠は淡緑色、上側内面に濃緑色の斑点があり、広漏斗形で大きさは5cm程度。和名の由来は谷沿いのやや日当たりの悪い場所に生えることから。
IMGP1760 (800x600)
イワウチワ:岩団扇は4~5月に咲くイワウメ科の花、山地の林の中や林の縁、岩場などに生息する多年草、茎先に花径3センチくらいの淡い紅色の花を横向きに1輪つける。よく似たイワカガミは1本の花茎にたくさんの花をつける。
IMGP1767 (800x600)
急斜面や崖にはロープが張ってある。地元の富士急山梨バスの人達がこの山を有名にし整備している。
IMGP1771 (800x600)
坪山山頂、展望が開け麓の西原の村落が美しいが、団体さんにはやや狭い。
IMGP1776 (800x600)
西原観光窓口「びりゅう館」で乾杯、西原産・国産の蕎麦を水車で挽いた手打ちそばが自慢、名物小さなジャガイモ「せいだのたまじ」(写真の右上)がとても美味しい。
IMGP1779 (800x600)
山麓酒場シリーズ第三弾は上野原駅前の河岸段丘に立つ「一福食堂」、びりゅう館で満腹しパス、自家製ぬか漬け、バジルカツ、煮カツ、湯豆腐、半ラーメン、笛吹ワインがお奨めメニュー、11時より営業、創業昭和30年

ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:38:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
知人が亡くなられました
16.4.3. ある高齢者の死

私が成年後見人をしている方の弟さんが急に亡くなられました。79歳です。
被後見人の自宅に一人で住まわれ、月に1度一緒に被後見人さんに面会に行っていました。
妻子なく、甥姪など親族とのお付き合いもほとんどありませんでした。
入院から葬儀まで行政は腰が引けており、親族の方も急に降ってきた話でよくわかりません。ご本人も自分で入院の準備をされたくらいで、その後の話は誰も聞いていませんでした。
何もわからない中で各種手続きが始まりました。これからはこういうケースが増えると思います。
少子高齢化と過疎が日本の大きな問題です。少しでもお役にたてればと思っています。

IMGP1731 (800x599)
東京に多い民間の葬祭場もある火葬場、安置所より移動、読経のあと火葬・収骨、通常の葬儀がない直葬、最近増えているとのこと、式場の桜は満開だった。




福祉ほか | 19:47:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
維新山・林の「花たち」
16.4.1~3 宇部に帰省、春爛漫、花盛り

維新山は昔の住所表示、自分のメールアドレス(ishinyama-hayashi@nifty.com)にしています。
今は雑草も伸びず、やぶ蚊もいないで、筍やタラ、ふき、三つ葉など山菜がでてくるとても良い時期です。
春の花たちも色とりどりに咲いていました。
枝垂桜、コブシ、馬酔木、桃、椿、クリスマスローズ、菜の花など・・・   写真はクリックで拡大

IMGP1704 (800x588)
IMGP1706 (800x600)

IMGP1711 (800x600)
IMGP1723 (800x600)
IMGP1730 (800x600)

IMGP1719 (800x600)
IMGP1726 (800x600)







田舎 | 22:56:17 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ