■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

八ヶ岳、赤岳(百名山、2899m)
16.6.25(土)・26(日) 24日美濃戸口・八ヶ岳山荘に宿泊、25日地蔵尾根から赤岳展望荘、26日赤岳から文三郎尾根下山、八ヶ岳温泉・もみの湯入浴、強風・展望なし花あり

・6/25(土)小雨のち曇り、赤岳展望荘(2722m)の風速15~20m
 天気予報悪く最悪は行者小屋で1泊の心づもり、出発時小雨も次第によくなり曇となる。行者小屋で昼食をとりシュリンゲをつけ  標高差350mの急登・地蔵尾根に取付く、ダケカンバの林を抜け2つ鉄階段を登り核心部の鎖場を慎重に行く。雨なく尾根で風弱 く助かる。稜線に近づくにつれ風速が増す、地蔵の頭から強風もすぐに赤岳展望荘に着く。
 食事は朝夕ともビュッフェスタイル、名物五右衛門風呂もあり、悪天候でお客も少なく天候を心配しながらものんびりする。
 食後にヤマテン・猪熊氏の山小屋出張講座、低体温症・落雷・今日明日の気象解説などありお客様も喜ばれていた。
 八ヶ岳山荘6:40→7:45赤岳山荘→8:00南沢分岐→11:10行者小屋11: 30→12:50地蔵の頭→13:00赤岳展望荘 8km、6時間 20分、標高差1200m

・6/26(日)ガス 赤岳展望荘の風速10~15m
 良化の天気予報も回復が遅れ風強し、赤岳山頂までの急斜面をゆっくり登り、頂上小屋で休む、山頂は集合写真のみ、展望な  し、視界も20~30m、早々に急斜面を下る。悪天・悪場だがさほど寒くなくすれ違いが少ないので助かる。文三郎尾根は階段・鉄梯子多し、樹林帯に入るとすぐに中岳道分岐となり行者小屋、ここからヤマテン・猪熊パーティと前後して美濃戸口に着く。
赤岳展望荘6:30→7:20赤岳頂上小屋7:35→赤岳山頂7:40→8:15文三郎分岐→9:15行者小屋9:30→12:00赤岳山荘→12:45美濃戸口・八ヶ岳山荘~もみの湯 9km、6時間15分、標高差1400m

IMGP2059 (800x570)
美濃戸口・八ヶ岳山荘(標高1490m)、南八ヶ岳の登山口  写真はクリックで拡大
IMGP2058 (800x577)
八ヶ岳山荘の夕食、ダッチオーブンのタンドリーチキンなど
IMGP2061 (800x592)
地蔵尾根の鉄階段
IMGP2065 (800x600)
地蔵尾根上部、トラバース気味のクサリ場
IMGP2068 (800x586)
地蔵尾根上部稜線近く
IMGP2067 (800x588)
稜線・地蔵の頭のお地蔵さん
IMGP2070 (800x591)
赤岳展望荘名物の大五右衛門風呂、4~5人は入れる。オーバーフローしたお湯は浄化槽に利用
IMGP2075 (800x589)
赤岳(2899m)は小さな双耳峰、北峰に赤岳頂上山荘、南峰に赤岳神社と1等三角点がある。
IMGP2076 (800x587)
文三郎尾根と中岳との分岐

スポンサーサイト
ヤマ(登山):東日本の山 | 21:21:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
高尾山口でコケ研修
16.6.19.(日)曇り 高尾周辺のコケ研修

森林インストラクター東京会のコケ研修に参加、講師は、ミュージアムパーク茨城県自然博物館学芸員の鵜沢美穂子氏。
高尾山口駅に、参加者22名、スタッフ3名が集合、3班に分かれてさっそく、駅前広場の大木2本に生えている、数種をルーペでを観察。次に歩道の石垣、コンクリート壁、手すりのコケ、次に清滝駅広場コンクリート壁、1号路石塔を観察し、高尾森林ふれあい推進センターへ行き、座学で、「コケとは」「コケの一生」「ふえるための工夫」など学び、顕微鏡で、コケを観察。
午後は、清滝駅から6号路途中まで行き、さまざまなコケを観察した。
コケは木、石、土で種類が違う。根は仮根で支えるだけ、水分を運ばない。蘚類、苔類、ツノゴケ類の3種で約2万種などなど教わりました。

コケとは?  http://www.jpc-net.jp/ssk/h/koke16.6.19.pdf

IMGP2041 (800x591)
IMGP2046 (800x588)
IMGP2049 (800x600)
IMGP2047 (800x600)
IMGP2051 (800x577)
IMGP2056 (800x600)



| 22:25:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
マイ・ジョギング・ロード
16.6.18(土)晴れ 家の近所、小山内裏公園と尾根緑道、通称戦車道路のジョグ

梅雨の晴れ間と山登りの合間に、いつものトレーニングロードで久しぶりのジョギング。
関東で今年初の猛暑日、水分対策も悪く、ゆっくりの12キロジョグと3キロウオークて終えた。

IMGP2025 (800x600)
尾根緑道のケヤキ並木とアジサイ
IMGP2027 (800x599)
尾根緑道・ケヤキのトンネル、日陰が大半
IMGP2035 (800x599)
小山内裏公園のトイレ、片道7キロにトイレ3か所、水場2か所あり
IMGP2037 (800x591)
日陰のない道もあります。かって相模原陸軍工廠で造った戦車を試走させたので通称戦車道路とよばれてる。
IMGP2040 (800x600)
アプローチの鮎の道、昔、津久井湖の鮎を江戸に運んだ道、近所には八王子の絹を横浜に運んだ絹の道あり。



ラン(ランニング) | 21:58:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
雲取山(奥秩父、百名山、2017m)
16.6.4(土)曇り・5(日)雨後曇り 東京都最高峰へ埼玉・三峰神社から登り、東京の鴨沢へ下山

前日国民宿舎「両神荘」に泊まり、4日三峰神社に参拝し埼玉県ルートで雲取山荘泊、5日山頂より多摩川源流の鴨沢下山、富士山は雨の中望めなかったが、ゆっくり歩き新緑の奥秩父森林浴を堪能した。

4日:三峰神社より石鳥居が現れ登山口、緩やかな登りで霧藻ヶ峰、両神・浅間を望む、秩父宮レリーフ・トイレ・休憩所と続く、5日はレリーフ前で山開き、前白岩は急登、芋ノ木ドッケ薪道は階段・桟橋あり凍結時注意、雲取山荘は400人収容で通年営業
三峰神社7:55→9:55霧藻小屋10:05→11:50前白岩→12:55芋ノ木ドッケ→13:50大ダワ→14:20雲取山荘 9Km、標高差790m、6時間25分

5日:奥秩父の先達・田部レリーフを見て、コメツガやトウヒ、シラビソの森を登り山頂、雨で富士山・大菩薩の展望なし、3か所にしか現存しない原三角点と1等三角点あり、ここから道幅もさらに広くなり歩きやすい、しかし約1500mの下りは長い、途中で雨は止み濡れなかった。鴨沢はバス少なく、次の留浦(とずら)に行き、食堂のそば定食で打ち上げ、奥多摩のもえぎの湯でi憩う。
雲取小屋5:45→6:20雲取山山頂6:35→7:15奥多摩小屋→9:00堂所→10:55鴨沢 11km、標高差1490m、5時間10分

IMGP1998 (800x581)
西武秩父駅からの武甲山、石灰岩の採掘で山が半分削り取られているが秩父のシンボルで二百名山 写真はクリックで拡大
IMGP2002 (800x598)
三峰神社は奥秩父三峰山山頂、標高1102mにあり秩父三大神社のひとつ、ヤマトタケル伝説やお犬様信仰など伝説が数多くあり、狛犬はオオカミ、境内には社殿や本殿、宿泊施設がある。
IMGP2005 (800x589)
トウゴクミツバツツジ (東国三葉躑躅):直径3-4cmで5裂の花、葉は3個輪生、長さ3-6cm広菱形葉柄に毛が密生、 花は1-3個開く関東、中部地方山地に多い雄蘂10個長短があり、長いものは花から飛び出る。
IMGP2007 (800x600)
雲取山荘(標高1830m)、大きなログハウスで400人収容、通年営業
IMGP2012 (800x589)
メインロード石尾根の道
IMGP2013 (800x600)
雲取奥多摩小屋、素泊まり可
IMGP2018 (800x588)
新緑の樹林帯
IMGP2019 (800x592)
登山者の一番多い鴨沢(標高530m)のバス停
IMGP2022.jpg
もえぎの湯、第三セクターの温泉、露天風呂の雰囲気は良いが駅から距離があり洗い場が少ない


ヤマ(登山):東日本の山 | 22:16:57 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ