■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

紅葉の雨飾山(百名山、1963m)と八方尾根
16.10.20~22(土) 曇り 天候と紅葉の時期に恵まれ、紅葉・黄葉と山々の大展望、温泉を満喫

・10/20(木)曇 14:30信濃大町待合せ、中型バスで16:50雨飾山荘着。根知からの道は次第に細くなり、最後は急登で大型バスは無理、我々以外お客様は1名のみ。朝食5時、トイレ百名山で日本一目標など対応良も、布団がややカビ臭い。
・10/21(金)曇 薬師尾根まで約30分の急登、三谷山塊の鋸岳・鬼ガ面山の紅葉と岩壁が見事、ブナや杉の巨木も素晴らしい。笹平にでると小谷側の紅葉が飛び込んでくる。これも素晴らしい。最後の急登を登り頂上に出ると、北アルプスから妙高・火打までの大パノラマが待っていた。
小谷側の道も急でハシゴも2か所ある。荒菅沢を過ぎるとブナの巨木と黄葉の道、最後は木道で雨飾高原に出る。雨飾山荘からは先行の宿泊客1名だけで静かだったが、小谷側からの登山者はそこそこ多かった。紅葉を十分堪能したので、鎌池に寄らず白馬の宿「雪の荘」へ直行した。
雨飾山荘(900m)5:50→7:30一ぷく処(アルミ梯子上)→8:30中の池→9:35笹平→10:05雨飾山山頂10:40→11:10金山分岐→12:40荒菅沢→13:20ブナ平→14:20雨飾高原登山口(1160m) 8時間30分、7km、登り1060m降り800m
・10/22(土)曇 好天に恵まれ、雄大な八方尾根の紅葉と北ア・南アから雨飾までの大パノラマ、八方池の逆さ白馬が堪能できた。
尚、第三ケルンでロケ中、11/6、11時NHKBS「山女日記」とか。
雪の荘6:40→6:55ゴンドラ乗り場7:00~八方池山荘7:40→8:10八方山→8:50第三ケルン(2080m)・八方池9:10→10:10リフト~10:50ゴンドラ乗り場→11:05八方の湯 4時間25分(ゴンドラ・リフト含み)3km、登り降り250m

IMGP2571 (800x600)
登山口の雨飾山荘の玄関、明治15年創業の看板がある。 写真はクリックで拡大
IMGP2583 (800x600)
薬師尾根を登ると、三谷山塊の鬼ガ面山(左)と鋸岳(右)の眺めが見事
IMGP2597 (800x600)
雨飾山山頂(北峰)、南峰と双耳峰、猫の耳とも言われ北峰が高く南峰は地蔵尊がある。
IMGP2598 (800x600)
山頂からの北アルプス、右から朝日、白馬、唐松・・・・・
IMGP2602 (800x600)
笹平からの焼山(三百、2400m、左)、火打山(百、2462m、右奥)
IMGP2605 (800x600)
小谷ルートのハシゴ場
IMGP2608 (800x600)
布団菱の紅葉
IMGP2612 (800x600)
ブナ平周辺の黄葉
IMGP2615 (800x600)
IMGP2617 (800x600)
下山口の雨飾高原キャンプ場、下ると小谷温泉IMGP2622 (800x600)
白馬の宿からモルゲンロートに輝く、白馬三山の鑓ヶ岳(2903m、左)と杓子岳(2812m、右)
IMGP2624 (800x600)
リフトから八方尾根の紅葉をめでる。
IMGP2625 (800x600)
八方尾根から鹿島槍ヶ岳(百、2889m、左)と五竜岳(百、2814m、右)
IMGP2628 (800x600)
八方尾根から不帰嶮、右から左にⅠ峰、Ⅱ峰、Ⅲ峰、右は天狗の頭と天狗の大下り
IMGP2626 (800x600)
八方尾根から白馬三山、右から左に、白馬岳(百、2932m)、杓子岳、鑓ヶ岳
IMGP2635 (800x600)
八方池(2060m)に映える逆さ白馬三山、ここまでは遊歩道がある。


スポンサーサイト
ヤマ(登山):東日本の山 | 21:49:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
おいでませ山口
16.10.14~17

友人が宇部の我が家に来て、錦帯橋・毛利邸、萩・津和野を観光、そのあと、秋芳洞、油谷、角島などを案内した。
錦帯橋、瀬戸内海・日本海・秋芳洞など好評だった。
また、山口宇部行の飛行機が欠航で新幹線切り替えのハプニングもあった。

IMGP2552 (800x592)
湯田温泉の足湯と温泉センター「狐の足跡」
IMGP2554 (800x583)
湯田温泉の中原中也記念館
IMGP2558 (800x600)
山口の瑠璃光寺の五重塔
IMGP2559 (800x579)
秋吉台の帰水(水の吸い込み穴ウバーレ)
IMGP2561 (800x591)
安倍総理の実家、長門市油谷の観光案内IMGP2562 (800x600)
千畳敷からの海上アルプス「青海島」
IMGP2565.jpg
本州の最西北端「川尻岬」
IMGP2566 (800x589)
人気の観光スポット「角島大橋」
IMGP2567 (800x588)
弥生人の「土井が浜遺跡・人類学ミュージアム」
IMGP2568 (800x600)
日本の夕陽百選、山陽小野田市焼野海岸にある隅研吾設計のスペインレストラン「ソル・ポニエンテ」

田舎 | 22:53:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
森林インストラクター山口会研修
16.10.9・10 晴れ 山口県の森林インストラクターの山口会が主催した研修会に、全国から18名が集う。自分は郷里の自然と人を知るために参加した。

8日(土)の午後は、秋穂のセミナーパークで、沖縄大学・盛口氏の基調講演「自然の見方、伝え方」、東京・世戸氏の「海の森プロジェクト」、石井FIT前会長の「子供たちに不足してる実体験を補う」、橋本山口会会長の「滑松の歴史と保存活動」の事例発表と懇親会があり、10日(日)は秋吉台で長者ヶ森と大正洞周辺でのフィールド観察があった。それぞれきめ細やかな山口会のおもてなしあり参加者全員感謝と満足されていた。

山口会の12名のスタッフの方々が個性ある能力をお持ちであること、日本の森100選に選ばれた滑国有林と赤松の巨木とブナの林の飯ヶ岳(いいがだけ)の紹介、石井前会長などみなさんの博学に感心した。

尚、この前後は宇部の実家で、友人とウッドハウスでの懇親会、草刈、土木屋さんの整地作業を行った。

| 21:44:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
紅葉の栗駒山(二百、花百、1627m)
16.10.2.晴れ 東北中部の独立峰、花と紅葉の美しさで人気の山、新幹線で日帰り登山

栗駒山は宮城・岩手・秋田の県境にある火山、由来は駒の雪形、岩手では須川岳。宮城のいわかがみ平から東駒コースを登り、岩手の須川温泉に下る。
いわかがみ平から中央コースと分かれ、溝状にえぐれた水たまりのある道を登り、新湯沢渡渉点から沢を100mつめて右の尾根を登ると東栗駒山、独立峰に広がる見事な紅葉が目に飛び込んでくる。上部は8~10分の状態。階段状の中央コースと合わさるとすぐに山頂、人でいっぱい。月山・鳥海など東北中部の山が一望。
須川温泉に下る道も紅葉が素晴らしい。昭和湖にはWCあり、名残ヶ原を過ぎると須川温泉。露天風呂の大日湯に入る。硫黄泉で気持ち良い。
久しぶりの好天に恵まれ東北の秋山を満喫した。

くりこま高原9:00~10:00いわかがみ平(1114m)10:05→10:40新湯沢渡渉点→11:15東栗駒山11:30→12:20栗駒山→13:35昭和湖→14:15須川温泉(1120m)15:00~16:30一ノ関 4時間10分、7.5km、標高差510m、累積標高530m

IMGP2522 (800x567)
新湯沢渡渉点のオヤマリンドウ
IMGP2526 (800x600)
新湯沢を100mのぼる
IMGP2532 (800x600)
東栗駒山からの栗駒山
IMGP2534 (800x600)
栗駒山山頂
IMGP2537 (800x600)
須川分岐から栗駒山の紅葉、上部はドウタンやカエデとハイマツに覆われており赤や黄色と緑とのコントラストが絶妙で日本一とも称されている。
IMGP2538 (800x600)
須川コースから栗駒山の紅葉
IMGP2545 (800x600)
昭和湖と栗駒山方面、昭和19年の栗駒山噴火でできた湖沼、コバルトブルーが平成8年鬼首地震でこの色に変化
IMGP2547 (800x600)
昭和湖付近の立ち枯れ、火山噴火の影響
IMGP2550 (800x600)
名残ヶ原と栗駒山方面、高層湿原で高山植物の名所
IMGP2551 (800x600)
須川温泉の足湯

ヤマ(登山):東日本の山 | 21:52:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
里地里山、若葉台・稲城のみち
16.10.1. 曇り 京王相模原線沿いの緑豊かな里地里山を訪ねる道シリーズ

ルートは三沢川・鶴川街道という骨格はあるが、丘陵や谷戸のなかのニュータウンや雑木林、営農団地、田圃を縫うように巡っており、分りにくくしばしば道迷。
若葉台公園は芝生がのびやかに広がり、円形の段々広場が特徴、上谷戸(かさやと)親水公園はホタルを飼育とのこと、水車があり、水車の会の人達がお掃除中だった。
稲城中央公園は体育館と素晴らしい芝生のグランドがあるが残念ながら入れず、そばのベンチで昼食とり、雑木林を下り、池のそばを通り沢山のウサギがいる小屋の横を通って鶴川街道にでました。
寄り道をやめて、稲城温泉・季の彩(ときのいろどり)に直行、温泉は稲城の住宅街と南多摩の間にあり、露天風呂も含め数々のお風呂が楽しめます。本日はここで、『ゴールはビール』となりました。
今日一日、展望には恵まれませんでしたが、さいわい雨にもあわず梨畑、芋畑、雑木林、お米の実った田圃など、里地の秋の楽しいマラニックでした。

若葉台駅前10:30-若葉台公園11:20-12:20稲城中央公園(昼食)12:50-稲城天然温泉季の彩13:50 ウオーク&時々ラン、3時間20分、10km

IMGP2515 (800x591)
若葉台公園のキンモクセイ
IMGP2516 (800x575)
若葉台公園の円形段々広場
IMGP2519 (800x590)
上谷戸親水公園の水車、ボランティアの人たちがお掃除中
IMGP2521 (596x412)
上谷戸親水公園の彼岸花



ラン(ランニング) | 20:56:00 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ