■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

奥多摩 棒ノ折山(969m)
17.1.9(月祝) 雪の棒ノ折山を森林インストラクターの仲間と登る

棒ノ嶺の別名をもち四季折々さまざまな風情を見せる山で、埼玉の名栗湖からの登山者が多い。我々は奥多摩の川井からバスで清東橋に行き、ワサビ田の道を通り頂上手前の尾根から登る。尾根からは昨日の雪で足首までの積雪ありキックステップの練習、頂上は広い雪原となり山々の展望と雪景色を楽しむ。
下りは権次峠(ゴンジリ、893m)から名栗湖への道に分かれ、黒山(842)から高水三山の岩茸石山(793m)、惣岳山(756)を経て御嶽に下りた。
登りは誰とも合わず、下りは岩茸の手前で単独行の人と会っただけ、頂上は名栗湖からの数パーティで静かな雪の山にトレースを付けた。
しかし、黒山から御嶽までの道は長く最後の30分はヘッドランプのお世話になった。惣岳山から棒ノ折山は関東ふれあいの道第7番目「山草のみち」に指定の人気のコース、シラカシ、ブナ、ご神木のヒノキの巨木もみごとだった。

川井8:52~9:50清東橋10:00→10:25ワサビ田上部→11:50棒ノ折山山頂12:15→12:55黒岳→13:30雨沢岳15:10岩茸石山→16:00惣岳山→17:45御嶽 7時間45分、13km、標高差:登り1100m、下り1250m

棒ノ折山マップ (703x1024)
棒ノ折山マップ 写真はクリックで拡大
CIMG0239 (1024x766)
清東バス停から奥茶屋に行き、大丹波川を渡るとすぐにワサビ田、けっこう長く終わると急登で尾根にでる
CIMG0240 (1024x768)
棒ノ折山山頂、標識は棒ノ嶺、背景左は秩父の武甲山方面
CIMG0241 (1024x743)
山頂から雲の向こうの谷川岳、日光白根岳方面を望む
CIMG0243 (1024x768)
山頂の「関東ふれあいの道」コース略図
CIMG0246 (1024x768)
黒岳付近、ミズナラが多い
CIMG0245 (1024x768)
黒岳からの川乗山
CIMG0247 (1024x768)
岩茸石山からの惣岳山
CIMG0248 (1024x768)
岩茸石山山頂、ここまで長い道のり、背景は秩父の山並み
CIMG0249 (1024x768)
岩茸石山から望む雲取山、高さ2017.1mで今年2017年1月たくさんの人が登っている。また今年だけの標高プレートもできた。
CIMG0250 (1024x768)
しめつりのご神木、ヒノキの巨木

スポンサーサイト
ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:34:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
帰省し萩往還の下見
16.12.28~17.1.4 帰省し、企画中の萩往還トレキングの下見や野良仕事

比較的穏やかで温かい天候に恵まれ、孟宗竹や樹木の伐採、レモンなど剪定・移植、道路・墓掃除などの野良仕事に励むとともに、兄や母の訪問、近所の護国寺での初詣を行った。
また、企画中の萩往還トレッキング下見のため、萩往還語り部の会のガイドの案内で佐々並~明木~涙松まで約13kmを歩く。昨年の降雪で所々に倒木があったりイノシシ柵があった。今まで萩往還マラニックで何度も走っているが、見えなかったものが見えるとともに歴史をちょっぴり学んだ。
萩往還は1604年毛利の「お成り道」として開かれ、萩と三田尻(防府)をほぼ直線で結ぶ全長53Km、もとは参勤交代道だったが、山陰と山陽を結ぶ重要な交通路となり、幕末は維新の志士達が往来した歴史の道で、国指定史跡、歴史の道百選、美しい日本の歩きたくなる道などに選定されている。
行き帰りとも晴れた空の下で、南アルプスなどの山並みと富士山の眺めを楽しんだ。飛行機は省エネ飛行のため高度を天候などで変えており、行きは6100mの高度から右座席より南アなどアルプスを堪能、帰りは12000mの高度から左座席より富士山を望んだ。

甲斐駒・北岳 (1024x768)
南アルプス北部、左から仙丈、白峰三山、甲斐駒  写真はクリックで拡大
南ア (1024x768)
南アルプス中・北部、上より甲斐駒・仙丈、白峰三山、塩見、荒川三山、赤石
CIMG0192 (1024x768)
左から御嶽、乗鞍、北アルプス
駿河湾富士 (1024x768)
富士山 (1024x768)
富士山と駿河湾
萩往還 (729x1024)
千持峠と語り部 (1024x767)
佐々並から明木に下る千持峠と萩往還語り部の会のガイドO氏
落合石橋 (1024x768)
峠を下ると、落合の石橋、せり出して支えているのが特徴
CIMG0228 (1024x768)
中ノ峠下の一里塚(萩より3里地点、幕府との戦いでは距離が分からぬように標識を廃棄)
CIMG0224 (1024x768)
殿様の駕籠を置く、かせいが坂駕籠建場・茶屋跡
CIMG0230 (1024x768)
吉田松陰が萩に別れを告げた涙松
孟宗竹伐採
孟宗竹の伐採と処分、チェーンソーで切り、運び出せるものは燃やし、搬出が難しいものは棚を作って重ねる
道路掃除2
道路掃除
道路の清掃も間隔があくと、落葉や枝切れが沢山ある。落葉はレモンなど果樹の周りにかける。



田舎 | 19:08:30 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ