■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

お花見マラニック 清水山カタクリ、光が丘公園・石神井川サクラ
17.4..2(日)晴れ 関東マラニック恒例のお花見マラニック

全国に先駆け都心で桜の開花宣言がでた今日、恒例のお花見マラニックを行った。関東ふれあいの道を走破した面々も、齢を重ね最近はラン組ウオーキング組に分かれる。今日は全員ウオーキングでの花見となった。
西武の石神井公園駅からバスで清水山に行き、整備されたカタクリ公園を探索し、光が丘公園・石神井川と桜を愛でて歩き、東武の大山駅付近でゴールはビール。自分はその手前の氷川台の駅で失礼し、南大沢の菜の花をみて入浴・ビールとなった。

石神井公園駅10:45~土支田11:00→清水山11:30→稲荷山11:40→12:00光が丘公園12:30→石神井川・中之橋13:50→14:25氷川台駅  3:25、8.7km

清水山の森案内 クリックで拡大
清水山
清水山カタクリ (1024x750)
カタクリ、種子から開花まで7~8年、二枚葉を出して花を咲かすが、翌年は一枚葉となり開花を休む。
カタクリ (2)
清水山2
ニリンソウ、キンポウゲ科の多年草、本州中部以北の落葉樹林の林床に群生、根生葉は長い柄があり、早春,高さ約20センチメートルの花茎の先に,普通二個の白花をつける。
ニリンソウ
ヒトリシズカ(一人静)、センリョウ科、山地の林の下や土手に生息する多年草、花言葉は「静謐、隠された美」、春先に白いブラシ状の花が柄の上につく、花のように見えるのは雄しべで花弁はない。
ヒトリシズカ
ショカツサイ(諸葛菜)、名は三国志に登場する諸葛亮(しょかつりょう)が出陣の先々でこの種子を蒔いたことから来ている。葉の形が大根に似ていることから花大根(ハナダイコン)とも、紫花菜(ムラサキハナナ)、大紫羅欄花(オオアラセイトウ)などの別名もある。
ショカツサイ
清水山3
光が丘公園は花見客でいっぱい
光が丘公園
石神井川の桜
石神井川
南大沢の菜の花と桜
南大沢菜の花


スポンサーサイト
ラン(ランニング) | 21:26:41 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ