FC2ブログ
 
■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

入笠山(1955m)、北八ヶ岳・坪庭(2237m)
18.2.24(土)・25(日)曇り 入笠山と北八ヶ岳・坪庭でスノーシューハイキングを楽しむ

T市は八ヶ岳に少年自然の家を持ち、スノーシューなどの企画している。雪山と入笠山に魅力を感じ今回参加させてもらった。スノーシューとストックはレンタルでスタッフ付、いずれもゴンドラで高度を上げ、宿舎は広く食事も良い、多摩より貸し切りバスで乗り換えなしの楽な雪山をさせてもらった。
入笠山は諏訪湖の南にあり甲斐駒ヶ岳山脈の北の端にあり、アルプスの展望とすずらんの群生で有名。
24日 12:50ゴンドラ山麓駅~ゴンドラ山頂駅13:30→14:15マナスル山荘14:30→15:00入笠山山頂→16:00ゴンドラ山頂駅~16:30ゴンドラ山麓駅
北八ヶ岳の坪庭は北横岳の南中腹より流れ出た溶岩台地でピラタスロープウエイで楽に2200mにあがれる。スノーシューの坪庭周遊コースがありここを巡る。なんとカモシカとの出会いがあった。
25日 9:15ピラタスロープウエイ山麓駅~ピラタスロープウエイ山頂駅9:50→坪庭周遊コース→11:30ピラタスロープウエイ山頂駅~山麓駅12:30
スノーシューは「西洋かんじき」と呼ばれる雪の上を歩くための道具。浮力が高く、特別な技術も必要ないので、誰でもすぐに始められます。

入笠山コースガイド   クリックで拡大
IMG_20180225_0001 (1024x907)
スキー場の横でスノーシューを着け出発準備
出発準備
スキー場
入笠湿原の横を歩く
登り
マナスル山荘で休憩、ココアとお菓子をいただく、スノーシューはここまで
マナスル山荘
休憩
山頂への登り、風が強く木がうなっていた
頂上へ
入笠山山頂、残念ながら展望は今一
山頂
イヌが数匹登ってた
山頂の犬
山頂からの下り
降り
降り (2)
ロープウエイ山麓駅からの南八ヶ岳
八ヶ岳
北八ヶ岳と坪庭の案内板
案内板
坪庭案内板
T市八ヶ岳少年自然の家
少年自然の家
ピラタスロープウエイ山麓駅
ピラタスロープウエイ
ロープウエイからの蓼科山
蓼科山 (2)
山頂駅から右より、阿弥陀、赤岳、横岳
八ヶ岳 (2)
山頂駅でスノーシューの準備
ロープウエイ上
坪庭スノーシュー周遊コースを巡る
スノーシュー (2)
スノーシュー (3)
休憩、今日もココアとお菓子をいただく
休憩
休憩中にカモシカに出会う
かもしか
縞枯山荘
縞枯山荘
坪庭の登り
坪庭へ
坪庭、背景は北横岳
坪庭


スポンサーサイト
ヤマ(登山):東日本の山 | 23:01:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥高尾周辺、要倉山(562m)、本宮山(732)、メシモリ岩山(750)
18.2.18(日) 晴れ 高尾周辺のバリエーションルートを楽しむ

東京近郊の山々には登山者の多さもあって、地図にルートとしてなかったり、破線であったりのバリエーションルートが多くある。今回はその一つ、戸倉三山と奥高尾、醍醐林道と陣馬街道に挟まれた要倉山を楽しんだ。
取付きが難しいのでネットで検索、3通り出てきたが一番正解の道、関場バス停より右手の道を進み、龍泉禅寺入口から月見橋を渡り左の山道を石垣に沿って登る。残雪があり1月2月の登山者のトレースがあるのでわかりやすいが凍結箇所もあるので要注意。
送電線巡視路や作業道を利用して要倉山に登る。急登あり。ここからメシモリ岩山までアップダウンや森林帯、皆伐で見晴の良い所、雪のあるなしなど変化に富んでいた。
逆方向から単独行2名の人に会っただけ、醍醐林道から少しずつ人が増える。和田峠から陣馬高原下におり、高尾の山麓酒場「あさ川」で打ち上げた。

高尾~関場バス停8:05→8:20取付き→9:30要倉山→10:20本郷山→10:50本宮山11:20→12:20醍醐林道→12:30和田峠→13:10陣馬高原下 5時間5分、10km

要倉山周辺マップ   クリックで拡大
要倉山
月見橋からの登り口
登り口
要倉山への登り、トラバース気味に行き急登の尾根を登る、藪漕ぎはない、ところどころ赤テープあり
登り
登り (2)
登り (3)
登り (4)
登り (5)
最初に三角点、少し行って要倉山山頂
三角点
要倉山
要倉山を過ぎると南面が伐採された場所が多く、八王子方面や奥高尾の景信山・堂所山を見ながら歩く
都心
堂所山
本郷山は少し奥に入り込む、日陰で寒かった
本郷山
八王子から都心方面の展望、スカイツリーと都心の高層ビル群が良く見えた
八王子
本宮山は樹林の間から富士山が見える、絶好のランチ場所
本宮山
富士山
地図に明記されてないメシモリ岩山
メシモリ岩山
醍醐林道のカーブミラーにでる、あとは陣馬高原下まで雪もない車道歩きだった
醍醐林道




ヤマ(登山):東京近郊の山 | 19:55:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
帰省して萩往還下見など
18.2.9~12曇り、雪 三連休に帰省し萩往還ツアーの下見

帰省し家の環境整備の一環として無線ランを設置した。これで建屋とその周辺でインターネット可能となる。
また、3月の萩往還ツアーの下見で、10日は車で板堂峠に向かったが上部や日陰は雪が残っており、雪もチラつくので手前で引き換えし防府の英雲荘まで車で道を確認した。
11日は車で防府駅、バスに乗り換えて山口駅に行き、山口から防府を歩いて下見した。萩往還250kmマラニックは連続14回参加し萩~山口間はコースになっているが、防府は行かないしマラニックと多少コースも異なるので参考になった。

山口駅9:30→10:00御堀児童公園→10:40ビッグショッピングセンター→11:00柊神社→11:25鳴滝→11:45ローソン→11:50禅昌寺→12:20洞道北口→12:30郡境の碑→12:50上勝坂→13:10勝坂砲台跡→13:30剣神社→14:10天満宮うめてらす12:40→15:20英雲荘→15:30三田尻船倉跡→防府駅 曇り、山口は時々小雪 24km、6時間20分

無線ランのルーターを建屋の外壁に設置した(2階右の箱)
CIMG2165 (1024x753)
萩往還i行程図   クリックで拡大
萩往還行程
萩往還の説明文
萩往還説明
椹野川沿岸の鰐石にある重石(かさねいし)、室町時代に明の趙秩(ちょうちつ)が名勝十ケ所を選んで詩を残した場所の一つ
鰐石
氷上橋からの椹野川と西鳳翩山(右)
椹野川西方便
柊神社
柊神社
柊神社 (2)
262号線と佐波山峠、小雪がちらついている
262号線と佐波山峠
鯖山(佐波山)峠の郡境の碑と明治天皇休憩の碑
郡境の碑 (2)
郡境の碑
明治天皇
おろく塚
おろく
おろく (2)
防府を流れる佐波川と右田ヶ岳、県外からの登山者も多い
佐波川右田ヶ岳
防府天満宮、日本三天神の一つ、904年最初に創建されたと言われている
防府天満宮
車塚古墳、6世紀前方後円墳
車塚古墳
野村望東尼終焉の地、勤王の女流歌人、歌友の荒瀬家で亡くなった
野村望東尼
藩の公館、三田尻お茶屋英雲荘
英雲荘説明
英雲荘
萩藩の水軍の根拠地、国指定史跡
御舟倉跡



 

田舎 | 21:48:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥高尾 景信山(727m)、陣馬山(855m)
18.2.4.(日)曇り 雪山気分を味わいに奥高尾を歩く

奥武蔵の丸山が中止になったので、雪山気分を味わいに、先週の続きで奥高尾縦走路の景信山に小仏バス停から登り、陣馬山から新道を陣馬高原下に下った。
高尾駅から待ち時間の少ないバスの方で入山する予定で家を出る。陣馬高原下(陣馬山)より小仏(景信山)行きの方が早いので、景信から陣馬縦走となる。小仏バス停でスパッツを付け、先週下った景信山南東尾根を登る。雨で少し雪が緩みアイゼン不要、景信山よりアイゼンを付ける。雪も多く森林帯が多いので気持ち良く歩ける。
景信の茶屋は2軒とも営業していたが、明王峠と陣馬山頂の茶店はお休みだった。曇り空で富士山は望めなかったが、陣馬山頂でまずまずの展望を楽しみ、新道から陣馬高原下に下った。
高尾駅に15時に着いたが、困ったことに山麓酒場「あさ川食堂」は休日14時より営業、ついゴールはビールのお世話になった。

高尾駅~小仏バス停9:00→10:20陣馬山10:40→11:50明王峠→12:40陣馬山12:50→13:30林道→13:50陣馬高原下~高尾駅  4時間50分、10.7km、累積標高860m

奥高尾マップ   クリックで拡大
奥高尾
景信山南東尾根登山口
景信南東尾根登山口
南東尾根の登り
景信登り2
景信登り3
景信山山頂と茶店
景信山
景信山頂
景信茶店
景信山の下り
景信降り
明王峠への道
明王峠へ
明王峠へ3
明王峠へ4
明王峠と茶店
明王峠
陣馬山への道
陣馬へ
陣馬へ2
陣馬山頂手前の階段
陣馬山階段
陣馬山頂の白馬の像
陣馬白馬
陣馬山頂からの展望、道志の山々
道志
大菩薩の山並み、右は生藤山
大菩薩
生藤山(中央)と三頭山(その左)、右は雲取山
生藤山
大岳山(烏帽子の形)、雲取山(左)
大岳山
陣馬山からの下り(新道)
陣馬降り
陣馬降り2
陣馬高原下バス停
陣馬高原下
高尾北口の山麓酒場「あさ川食堂」、安くて美味しい登山客と常連の店
あさかわ


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:16:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
皇居ランニング
18.2.3.(土)曇り 久しぶりにラン仲間と皇居ランを行った

皇居は一周5kmで距離がわかりやすい、信号がない、トイレがある、景色がよいなどで、東京の人気ランニングスポットです。
皇居周辺には銭湯が3軒あり、かってはそこで着替えて、走って、入浴し、最後はビールをしていました。最近は年に1~2回、Sさんの御足労で今日がその日です。
都心はヒートアイランドで八王子より3度は温度が高く、雪は残っていません。久しぶりに他のランナーと走りとても気持が良かった。
各々自由な走りで1~3周し入浴後は神保町のサイゼリアでゴールはビールしました。
32分、5km、6.35/km

皇居ランニングマップ   クリックで拡大
IMG_20180204_0001 (1024x825)
神田の稲荷湯で支度し、気象庁・消防署前の和気清麻呂の像からスタート、すぐに右手は毎日新聞のパレスサイドビル、千鳥ヶ淵まで上り坂
IMGP0059 (1024x753)
半蔵門から桜田門は下り坂
IMGP0061 (1024x753)
IMGP0062 (1024x768)
桜田門をくぐる
IMGP0063 (1024x768)
皇居前広場と丸の内のビル群
IMGP0064 (1024x768)
IMGP0066 (1024x768)
IMGP0067 (1024x768)
丸の内から大手町のビル群へと進み一周が終わる
IMGP0068 (1024x768)
IMGP0058 (1024x767)




ラン(ランニング) | 21:08:59 | トラックバック(0) | コメント(0)