FC2ブログ
 
■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

丹沢、大山(1252m、三百名山)
19.1.23.(水)晴 ヤビツ峠からイタズミ尾根を登り女坂を下る

丹沢の東、神奈川県のほぼ真ん中に位置し、ピラミッド型の美しい山容を誇る。別名「雨降山」「阿夫利山」と呼ばれ古くからの信仰の山、江戸の人口が100万人のころ20万人を超える人々が山頂を訪れ、浮世絵や落語「大山詣」に伝えられている。2016年文化庁の「日本遺産」に認定され宿坊や参道でその風情が体験できる。
ヤビツ峠にバスで行き、イタズミ尾根を上り山頂で展望を楽しみ、富士見台から女坂を下り、表参道の塚本土産店にゴールし、名物の湯豆腐・おでんを味わいながら振り返りを行った。

秦野~ヤビツ峠9:10→10:35富士見台分岐→10:55大山山頂11:15→11:40富士見台→12:30阿夫利神社下社→12:55大山寺→13:15大山ケーブル駅・塚本土産店~伊勢原   4時間5分、5.2km、累積:登り610m降り990m

大山周辺マップ   クリックで拡大
大山
ヤビツ峠を登る
ヤビツ峠
登り道、整備された道が続く
登り1
登り2
相模湾、真鶴半島の展望
まなずる
左・塔ノ岳、右・丹沢山
丹沢
ナツボウズ(夏坊主)、夏に落葉、毒があり鹿が食べない
夏坊主
山頂手前の鳥居
山頂1
大山山頂、東京・横浜方面の展望
山頂2
阿夫利神社、売店・トイレあり
山頂3
下り路、長くて急
下り1 - コピー
天狗の鼻先岩、
下り2 - コピー
牡丹岩
下り3 - コピー
下り4 - コピー
夫婦杉
下り5
ボタンヅル
ボタンヅル - コピー
阿夫利神社下社、下社から追分までケーブルカーがある
下社2 - コピー
下社からの展望
下社1
男坂と女坂がある
女坂1
女坂も急
女坂2
大山寺
神社
ゴールの塚本土産店
ゴール





スポンサーサイト



ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:48:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥多摩、本仁田山(ほにたやま 1225m)
19.1.14(月・祝)快晴 奥多摩からゴンザス尾根を登り杉ノ尾根から鳩ノ巣へ降る

本仁田山は奥多摩駅の北に位置する山で、駅から駅のアプローチの良さから人気の山。山名には諸説があり、ヌタ場(動物が体表に付いている寄生虫や汚れを落とすために泥を浴びる場所のこと)があったことからという説などがある。
本仁田山へは幾つかの登山ルートがありるが、山と高原地図で破線ルート(詳細図は実線)のゴンザス尾根を登る。最初はNHK施設の標識をたどる。踏みあとや道標もあり一般登山道に近いが登山者は少ない。最初と半ば・最後には、奥多摩三大急登の山だけにと急登あり登りがいがあります。天候に恵まれ奥多摩の山岳展望を楽しみ、駅近くのカフェ「山鳩」で喉を潤した。

*奥多摩三大急登:本仁田山・大休場尾根、鷹ノ巣山・稲村岩尾根、六ツ石山・水根コース

奥多摩駅8:30→8:50登山口→9:40NHK施設→10:00電波搭→11:20チクマ山→12:00本仁田山12:30→12:50瘤高山→213:45大根ノ山ノ神→14:30鳩ノ巣   6時間、9km、累積:登り1180m降り1220m

本仁田山マップ   クリックで拡大
本仁田山
IMG_20190120_0001 (904x1024)
登山口と登山道
CIMG4772 (1024x768)
CIMG4773 (1024x768)
CIMG4776 (1024x768)
根石(ネーヤ)の石、街道は数馬の切通しが出来る前はこの峠を越えていた
CIMG4777 (1024x768)
本仁田山を望む
CIMG4779 (1024x768)
花折戸尾根との分岐
CIMG4782 (1024x768)
チクマ山、お手製の山頂標識
CIMG4784 (1024x768)
クヌギ・コナラ・ブナの林
CIMG4787 (1024x768)
CIMG4788 (1024x768)
大休場尾根との分岐
CIMG4792 (1024x768)
本仁田山山頂、左・御前山、右・三頭山、小さな山頂標識と雪
CIMG4797 (1024x768)
CIMG4793 (1024x768)
山頂より瘤高山・川苔山方面に向かう
CIMG4794 (1024x768)
大根ノ山ノ神
CIMG4800 (1024x768)





未分類 | 21:05:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
帰省し観光や野良仕事
18.12.26~19.1.7 帰省し野良仕事や山グループと懇親・観光を楽しんだ

近所での初詣のほかは伐採などの野良仕事で過ごすが、5日友人が集まりログハウスでの懇親会を行い、6日秋吉台と北九州の宗像大社に行き、大島の御嶽山(224m)に登った。

宗像大社を構成する3宮と宗像一族の古墳群は、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群として、2017年世界文化遺産に登録されています。沖ノ島(沖津宮)は今は渡島出来ず、神職一人が島を守っており、日本で二つある女人禁制の一つです。

宗像大社と中津宮(大島)の説明、宗像大社は福岡市と北九州市の中間に位置する宗像市にあり、その沿岸部に総社としての辺津宮がある
宗像大社
中津宮
宗像大社(辺津宮)、正月で賑わっていた
CIMG4738 (1024x765)
大島(中津宮)の案内
CIMG4754 (1024x768)
中津宮とその案内
CIMG4743 (1024x768)
CIMG4744 (1024x768)
御嶽山の登山口と登り道、かわいい坊やと鶏の人形がある
CIMG4746 (1024x768)
CIMG4749 (1024x768)
山頂にある御嶽山神社
CIMG4755 (1024x768)
牧場もある
CIMG4757 (1024x768)
渡島できない沖ノ島を遥拝する沖津宮遥拝所
CIMG4765 (1024x768)
山口・秋吉台のカルスト台地
CIMG4735 (1024x760)
秋吉台・宗像大社観光の前日にはログハウスで焼肉の懇親会を行った
CIMG4734 (1024x768)
我家の初詣はお隣の護国神社、その由緒と神社
CIMG4711 (1024x765)
CIMG4712 (1024x767)
そこにある水琴窟とその説明
CIMG4709 (1024x757)
CIMG4710 (1024x753)
我家の野良仕事シリーズ、竹の伐採(真竹や孟宗など)
CIMG4719 (1024x743)
CIMG4700 (1024x768)
伐採した竹の焼却
CIMG4698 (1024x768)
垣根の剪定
CIMG4703 (1024x768)
伐採木の焼却
CIMG4704 (1024x768)
伐採
CIMG4720 (1024x764)
CIMG4728 (1024x768)
CIMG4721 (1024x768)
孟宗竹伐採の後に植えたクヌギ・コナラが成長した(手前はレモンと太陽光パネル)
CIMG4716 (1024x730)
レモンが色づいた
CIMG4731 (1024x767)
水仙が花盛り
CIMG4733 (1024x768)





田舎 | 21:49:27 | トラックバック(0) | コメント(0)