■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

奥多摩・鷹ノ巣山(1737m)
14.8.2 晴れ後曇り

雲取山から東に向かって伸びる石尾根に連なる顕著なピークの一つ、登山道も多く頂上からの展望と素晴らしい自然林で人気の山。真夏であり、またホリデー快速の前に奥多摩に着いたのでバスも山もすいていた。
バスで東日原まで行き、稲村尾根を登る。急登で樹林の中ひたすら登る。歩きやすく気持ちの良い道、しだいにミズナラ・ブナの巨木が多くなりなごませてくれる。
頂上は南面が開け北面はブナ林、奥多摩・丹沢・大菩薩の展望が素晴らしい。のびやかな石尾根を奥多摩駅に下る。長くて樹林で展望なく、一部沢状のぬかるみあるが、上り下り少なく日陰で歩きやすい。しかし風もなく日向は暑かった。

東日原7:55、8:10巳ノ戸橋、9:05稲村岩基部、10:50ヒルメシクイのタワ、11:30鷹ノ巣山山頂11:45、13:00六ツ石山、15:20奥多摩駅 7時間25分 標高差1110m 距離13㎞

鷹ノ巣山頂140802
広々と開けた鷹ノ巣山山頂、北面はブナ林、頂上以外は自然林、下部は植林 二度クリックで最大画面
鷹ノ巣山140802
鷹ノ巣山頂からの展望、左が大岳山(1267m)、右が御前山(1405m)、右へ丹沢、大菩薩と続く
IMGP0362.jpg
石尾根の自然林、ナラ、ブナ、カラマツなど、お花畑は鹿の食害でない。
六ツ石山140802
六ツ石山(1479m)山頂の「ラン岳」ことHAYASHI、靴はガルモント・エルモ、ストックはレキの14年カーボン、ともに軽くて使いかってが良い



スポンサーサイト


ヤマ(山登り)14年 | 10:27:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ