■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

秩父、鐘撞堂山(330m)とかんぽの宿寄居
14.11.15 快晴 寄居駅~大正池~鐘撞堂山~少林寺~かんぽの宿寄居→寄居駅

寄居は東武・八高・秩父の3線の駅、かって鉢形城の城下町、その見張り場として鐘撞堂をこの山に置き、ことが起これば鐘を叩き合図を送った。
それゆえ標高は低いが山頂からは関東平野や奥武蔵の展望が見事。秋晴れに恵まれ、コーヒーを飲みながら筑波山からスカイツリー、新宿の高層ビルなどの展望と里山の紅葉を楽しんだ。
帰りはかんぽの宿寄居で6階の展望温泉と昼食バイキングの後、寄居駅への送迎バスに乗る。紅葉シーズンだが混んでなくでのんびりでき、建屋もリニューアルの後できれいだった。

寄居9:30、10:00大正池、10:20竹炭工房10:35、10:50鐘撞堂山11:15、11:40円良田湖、10:05少林寺、12:35かんぽの宿寄居14:30 3時間5分 8.3K 登り230m、下り210m コースタイム2時間45分

大正池
大正池と里山の紅葉:東屋やトイレあり休憩できる 写真はクリックで拡大
竹炭工房
竹炭工房:真竹で竹炭と竹酢液を生産、真ん中のオーナーにうんちくを聞き、真竹のカップでコーヒーをご馳走になる。青竹は生きて呼吸している。
鐘撞堂山
鐘撞堂山山頂:東屋と展望台、鐘があり展望が素晴らしい。
五百羅漢
羅漢山から少林寺の下り道に513体の五百羅漢がある。羅漢・阿羅漢は供養と尊敬を受けるに値する人。また、千体荒神の板碑の道もある。
少林寺
曹洞宗の名刹少林寺
スポンサーサイト


ヤマ(山登り)14年 | 21:10:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ