■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

秩父 四阿屋山(あずまやさん 772m)
15.4.18(土)晴れ 花といで湯の秩父路らしい山

両神山の玄関口に位置し、標高が低くく小規模ながら岩場・クサリ場があり、フクジュソウ自生地など花の名所としても人気の山。薬師堂バス停から表参道を登り、鳥居山コースを下る。
登山口の花しょうぶ園は電気柵あり道不明瞭、トレラン仕様で来たのでロードを走り、駐車場から山道に入る。展望広場の休憩舎とここからの武甲山はりっぱ。フクジュソウ自生地を過ぎ急坂を登ると両神神社奥社、ここから回り込み、クサリ場・やせ尾根をとおりツツジに囲まれた狭い頂上に立つ。両神山と双子山がよく見える。
奥社から鳥居山コースが分かれる。最初急だが歩きやすい尾根をゆっくり走って下る。鉄塔下と登山口にある観景亭で、秩父の山並みに浸る。桜・コブシ・ツツジと芽吹き・新緑が美しい。
薬師堂の先に両神温泉薬師の湯があり、温泉と手打ちそば、冷奴、ビールでバスの時間待ち。いずれも二重丸で秩父の良さを味わった。難点は交通の便、特にバスが少ない。

西武秩父8:20村営バス→薬師堂9:10、10:30頂上、10:45奥社10:55、11:40薬師の湯13:15村営バス→西武秩父
6.4km、2時間30分、標高差420m

15.4.19(日)曇り 小山内裏公園・尾根緑道ラン 1:43、Av.6.5/km、15Km 
木々の芽吹きが美しく、尾根緑道の大粒の八重桜、フゲンゾウ・カンザン・ヨウキヒ・シロタエなど、も満開

IMGP0782.jpg
表参道と鳥居山コース分岐にある両神神社奥社(680m)   写真はクリックで拡大
IMGP0785.jpg
四阿屋山頂上からの両神山(日本百名山、1723m)
IMGP0790.jpg
山頂手前のクサリ場を登る登山者、凍結時事故あり、雨天・離合時も要注意
IMGP0791.jpg
山は様々な色を装い、まさに俳句の季語「山は笑う」の季節となった。ちなみに、夏は「滴る」秋は「粧う」冬は「眠る」
IMGP0792.jpg
鳥居山コースの送電線鉄塔下(540m)からの武甲山(秩父のシンボル、石灰石採掘と固有種で有名、1304m)

スポンサーサイト


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:27:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ