■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

秩父の百名山 両神山(1723m)
15.6.14(日)曇り 白井差(しらいさす)新道から往復

白井差新道は両神山の最短で最も楽なルート、全体が山中氏の所有で、ピストンと事前届が条件、下山時整備費として1,000円を支払い両神山のバッチをもらう仕組み。
先ず、登山時に奥様より登山地図を渡され、作業道分岐では白井差新道を示す指導標が無く下山時に注意が必要なこと、白井差新道分岐では、ロープが張られ白井差新道方面に進入しにくいようになっていることなどのレクチャーを受ける。
出発しようとしてると、そばに腰にカラビナ・シュリンゲをぶら下げた登山と林業のミックススタイルの男性あり、山中氏本人、聞きしに勝る話し好きでブナ平までうんちく聞きながら同行、自分の山への愛情が伝わってくる。
道は沢から斜面、尾根、頂上岩峰と変化に富み、均等に高度を上げて急登が無く良く整備されており、沢にはイワナ、全山ブナなど自然林に覆われた気持ちの良いコースです。
山頂は狭く、人数が多いと登頂写真で込み合う。また山中宅までの道路も道幅が狭かったり法面の網がでたりしている。
帰りに四阿屋山の登山口、両神温泉薬師の湯で温泉とそばで憩う。ともにお奨めです。

西武秩父より車、山中宅9:40、10:05大俣、11:05ブナ平、12:10両神山頂、山頂下稜線12:45、13:10ブナ平、14:10山中宅 上り2:30、お昼0:35、下り1:25、合計4:30 標高差873m

IMGP0923.jpg
車止めからすぐに林道が終わり山道に入ると昇竜の滝、ここからから沢沿いの道が始まる  写真はクリックで拡大
IMGP0919.jpg
ブナ平 ブナ林と大きな夏椿がある気持ち良いところ
IMGP0912.jpg
日向大谷分岐、白井差新藤はトラロープをくくった右
IMGP0913.jpg
頂上直下のクサリ場を登る登山者、写真ほど急でなく容易、頂上は狭く写真撮影で込み合う
IMGP0916.jpg
山頂のラン岳ことHAYASHIと岳友
スポンサーサイト


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:37:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ