■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

秩父御岳山(1081m)
15.6.20(土)曇り 秩父鉄道三峰口駅から町分~落合コース、大滝温泉・遊湯館

木曽御嶽山の大滝口を開いた普寛(ふかん)導師は秩父大滝村の出身、秩父御岳山はその導師が江戸末期に開いたとされ、生誕の地には普寛神社があり古くから信仰登山がおこなわれていた。
夜半まで雨だったのでトレランはやめハイキングに切り替え。秩父鉄道三峰口から町分コースを登り、落合に下山、大滝温泉・遊湯館で温泉とそば、地ビールを楽しんだ。
コースの大半は樹林、展望は頂上以外ほとんど望めない。頂上には普寛神社奥宮があり先週行った両神山と200名山で人気の和名倉山が間近に見え、雲取から甲武信の奥秩父、浅間が望めるが曇りで山腹と秩父湖の一部のみ。
山は大半が杉に覆われ上部は広葉樹、夏椿が多い。急登が所々にあり、タツミチ(猪狩分岐)からは尾根道、北東は急で下に林道、頂上からの下りは鎖あり。落合コースは幅広のジグザク道を下ると林道の普寛トンネルにでる。ここから下部に崩落があり2.5km林道を歩くので逆コースはお奨めでない。途中出会ったのは山頂手前で下ってきた一人だけ、自分も単独で森林の中を歩く静かな山だった。
*普寛導師は厳しい行を積まねば登ることが許されなかった木曽御嶽山を、信者を連れ大滝口から強行山行し、古い習慣を打破、御岳信仰、大衆登山を広めたとされる。

秩父鉄道三峰口8:50、9:20鉄塔・一番高岩(たかや)/展望あり、10:30タツミチ(猪狩分岐)、11:00山頂11:10、11:30普寛トンネル、12:00林道からの下降点、12:25普寛神社、12:40大滝温泉→バスで三峰口、お花畑で西武秩父乗り換え 上り2:10、お昼0:10、下り1:30 合計3:50 11km 上り770m、下り680m 

IMGP0929.jpg
町分コースの杉林、タツミチ(猪狩分岐)の先まで続く
IMGP0931.jpg
雪や風で曲がった杉林
IMGP0933.jpg
頂上手前の強石コース/町分コースの分岐、夏椿が多い、鹿に皮を食べられた木もあり
IMGP0934.jpg
山頂の普寛神社奥宮の祠、狭いがここだけ木がなく展望あり、背景は和名倉山方面
IMGP0937.jpg
山頂から落合コースへのクサリ場
スポンサーサイト


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:38:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ