■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

丹沢、雨山(1176m)・檜岳(1167)・伊勢沢の頭(1177)
15.11.15(日)曇り時々小雨 

丹沢のやどりぎ水源の森を舞台に、かながわ森林インストラクターの岳友の案内でベースキャンプの寄大橋にある管理棟より寄沢→雨山峠→雨山→檜岳(ひのきだっか)→伊勢沢の頭→林道秦野峠→林道→寄大橋と周回山行をした。
雨はほとんど降らず、紅葉に恵まれ、沢あり尾根ありの変化に富んだ山旅を堪能、雨山峠まで渡渉が多く増水時は要注意、小さな崩落もあり、林道も長くそこそこハードだった。それぞれのピークにはベンチもなくさほど展望も開けていない。
行きは新松田から、帰りは渋沢に車で送ってもらい、白木屋で反省会。

寄大橋・管理棟9:05→11:30雨山峠→12:25雨山12:50→13:20檜岳→13:50伊勢沢の頭→14:35旧秦野峠→15:05林道秦野峠→16:15寄大橋 7時間11分、13.5Km、累積標高1609m

取付き
取付きの寄沢、沢や枝尾根を幾つも越え渡渉あり、変化に富んだ道、増水時注意  写真はクリックで拡大
ムラサキシキブ (800x600)
ムラサキシキブ:シソ科の落葉低木、日本各地の林などに自生し、また果実が紫色で美しいので観賞用に栽培される
紅葉の尾根道 (800x580)
紅葉の尾根道、落葉のクッションで歩きやすい
ぬた場 (800x600)
沼田場(ヌタ場、ぬたば):イノシシやシカなどの動物が、体表に付いているダニなどの寄生虫や汚れを落とすために泥を浴びる場所
ブナ林 (800x592)
霧のブナ林や針葉樹の混合林
落ち葉 (800x598)
もみじが多く、紅葉の落葉も美しい
スポンサーサイト


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:56:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ