■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

高尾山(599m)と温泉・山麓酒場
16.3.26(土)曇り いろはの森から高尾山、稲荷山コースを下山

高尾山駅より日影にバスで行き、いろはの森コースで高尾山に登る。北面から直接、高尾山頂に至る最短コース、人も少なく森林浴に最適、いろはで始まる木の名札がつけてある。
お花見前で人も少なく静かな高尾山でのんびりする。少し肌寒かったが日も出てきて気温も和らぐ。
稲荷山コースを下り始めるとサイレンの音、東京消防庁の人と行きかう。訓練でなく事故があったとのこと。下山後は高尾山温泉薬師の湯に浸り、山麓酒場シリーズ第2弾の高尾・あさかわ食堂でのどを潤した。
高尾周辺や翌日ジョグした家の近所の桜が咲き始めてきた。尾根緑道では町田さくらまつりののぼりが用意されていた。

高尾駅~日影8:30→9:50高尾山10:30→12:00高尾山口、京王高尾山温泉~高尾・あさかは食堂 3時間30分、6Km、累積標高540m

IMGP1693 (800x588)
いろはの森コース、人少なく森林浴に最適、いろは48文字で始まる木があり、それがこのコースの名前の由来、 木にちなんだ和歌も書かれているところもあったり、なかなか風流です。  写真はクリックで拡大
IMGP1695 (800x600)
めずらしく人の少ない高尾山山頂、残念ながら富士山は雲で望めなかった
IMGP1698 (800x600)
稲荷山コースにある稲荷神社、子ぎつねを抱いている
IMGP1700 (800x596)
ケーブル駅の広場にある高尾山のシンボル、ムササビ:長い前足と後足との間に飛膜と呼ばれる膜があり、飛膜を広げることでグライダーのように滑空し、樹から樹へと飛び移ることができる。手首には針状軟骨という軟骨があり、普段は折りたたまれているこの軟骨を、滑空時に外側に張り出すことで、飛膜の面積を増やすことができる。長いふさふさとした尾は滑空時には舵の役割を果たす。頭胴長27-49cm、尾長28-41cm、体重700-1500g
IMGP1702 (800x599)
高尾北口駅舎、もとは浅川駅、関東の駅百選に選定されている社寺風デザインは、大正天皇の大喪列車の始発駅として新宿御苑に設置された仮設駅舎 を移築したもの。駅周辺は線路が街の南北を分断していので、近く再開発で整備、北口駅舎は、かつての皇室専用の駅であった東浅川駅跡の東浅川保健福祉センターへ移築予定。
IMGP1703 (800x600)
山麓酒場シリーズ第2弾、高尾「あさかわ食堂」の暖簾、創業1926年、土日14時から営業、14時まだ暖簾がかかる前に入る。30人くらいは入れる店が2~3時間でいっぱい。山帰りの常連が大半、レジェンドメニューはポテトサラダ、豆腐類、もつ煮、小あじの南蛮漬、高尾駅周辺の再開発で移転予定






スポンサーサイト


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 19:50:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ