■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

奥多摩 馬頭刈尾根(まずかりおね 969m) 
16.4.23(土) 曇り 関東ふれあいの道、馬頭刈山~瀬音の湯が予定変更

武蔵五日市からバスで千束に行き、千束沢コースで、つづら岩~馬頭刈山(884m)~瀬音の湯の予定だったが、つづら岩で尾根に出て次の最高点969mのピークでお昼をとり尾根を進んだところで1人足がつり、予定を変更し千束尾根を茅倉に下る。足つり状態はひどく、漢方68番やバンテリンも効き目少なく、エスケープルートがあって助かった。
予定変更となったが、大小の滝やつづら岩のロッククライミング見物、森林浴やイワウチワの群生もあり、下山後、瀬音の湯にも入れて1日新緑の秋川の山々に浸った。
瀬音の湯は秋川渓谷にあり、あきる野市が2007年、総工費約25億円で建設した日帰り温泉入浴施設で宿泊施設も付随、強アルカリで湯質設備良く、東京近郊での自然を味わえる手軽なレジャー施設として盛況している。

武蔵五日市~千束8:15→8:40林道終点→9:45綾滝→10:40つづら岩→11:05ピーク969m11:45→13:45千束尾根分岐→15:15茅倉→15:30とうげん橋バス停~瀬音の湯~武蔵五日市 7時間15分 3km

IMGP1812 (800x598)
子天狗滝の次の天狗滝、落差38mで千束沢最大  写真はクリックで拡大
IMGP1815 (800x600)
つづら岩、3~4パーティが練習中。岩場は中ほどにバンドが走っており、上と下でピッチを切り、ルートの組み合わせは自由に可能、最大の高さは40数m。
IMGP1816 (800x600)
関東ふれあいの道、馬頭刈山への気持ち良い森林の尾根道
IMGP1817 (800x600)
イワウチワ、和名の由来は、岩の上に咲き葉の形が団扇(うちわ)に似ていること、茎先に花径3センチくらいの淡い紅色の花を横向きに1輪、よく似たイワカガミは1本の花茎にたくさんの花をつける。
IMGP1820 (800x600)
茅倉近くの竹林に筍が沢山出ていて、その1つは切株の真ん中を見事に突き上げていた。
IMGP1822 (800x600)
瀬音の湯に渡る秋川渓谷、山も里も笑う新緑の季節となった。
スポンサーサイト


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:00:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ