■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

山梨・中央沿線、奈良倉山(1349m)、鶴寝山(1368m)
16.5.26(日)晴れ 多摩源流・巨樹の森をトレラン

大菩薩峠から東の奥多摩・三頭山方面へ牛の寝通りと呼ばれる長大な尾根があり、鶴寝山や奈良倉山はほぼ中央に位置し、ミズナラ、ブナ、トチノ木の広葉樹林と富士山の展望が楽しめる。
なだらかな道が多く、道標も付け替えてありトレランに良いコース、春の新緑と秋の紅葉がお奨めです。
JR上野原原からバスで鶴峠に行く、立派なバイオトイレあり、トレランスタイルだが登りは速足程度、意外に早く奈良倉山につき展望台からの富士山を楽しむ。森も針葉樹から広葉樹の天然林となる。
松姫峠で車道を横切り大菩薩嶺を望む。なだらかな登りで鶴寝山へ、関東富士見100景の富士山が望める。これからミズナラやブナの巨樹の森となり、ランではもったいないので歩く。巨大なブナあり、山入りのヌタから小菅の湯に下るとすぐに巨大な栃の木2本に出会う。その姿は神秘的で圧倒される。
ここから山葵田を経て小菅の湯、ゆっくりと温泉と地元の食材、うたた寝を楽しんでバスで奥多摩でた。

JR上野原~鶴峠9:20→10:05奈良倉山→10:35松姫峠→11:00鶴寝山11:10→11:30山沢入りのヌタ→12:30小菅の湯~JR奥多摩 3時間10分、11Km、累積標高1000m

IMGP1964 (800x599)
奈良倉山山頂  写真はクリックで拡大
IMGP1965.jpg
奈良倉山山頂の展望台から望む富士山 ここから坪山への道がある
IMGP1968 (800x590)
松姫峠の駐車場から大菩薩嶺を望む 山梨県小菅村と大月市の間にあり、標高は1,250m、戦国時代に武田信玄の娘である松姫が、織田信長の軍勢から逃れるためにこの峠を越えたとされる。
IMGP1971 (800x600)
鶴寝山山頂  ここから巨樹の森が始まる
IMGP1978 (800x600)
IMGP1983.jpg
IMGP1989 (800x599)
樹齢600年の栃の木、手前と奥に2本あり、その神秘的な姿に圧倒される。
IMGP1992 (800x600)
山葵田
IMGP1995 (800x591)
小菅の湯 露天の五右衛門風呂が気持ち良く、食堂・仮眠所と施設充実、また道の駅も併設。
スポンサーサイト


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:39:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ