■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

北岳(百名山、国内標高第2位 3193m)と間ノ岳(百名山、第3位 3189m)
16.7.16~18(海の日連休) 
芦安温泉・白雲荘に前泊し、広河原より右俣コースで北岳肩の小屋、2泊し北岳・間ノ岳を往復、草すべり・白根御池小屋コースで広河原下山。 天候と混雑が心配だったが、入山・下山は晴れ時々曇り、往復日はガスで風あり中白根より雨だったが行動出来、国内2・3位の高峰縦走と展望を得た。

7/16(土)曇時々晴れ 芦安5:05~6:00広河原(1520m)6:20→6:55.白根御池分岐→9:10大樺沢二俣→11:20草すべり分岐→11:40小太郎尾根分岐→12:35北岳肩の小屋 計6時間15分、登り1400m
夜半は雨だったが出発時は曇、夜叉神ゲートは5時半オープン、3連休で入山者多く沢山車が待機、コースタイム短縮とお花で右俣を行く、二俣にはバイオトイレあり、お花は多い、ミヤマハナシノブ、ハクサンフウロ、タカネナデシコなど。肩の小屋にキタダケソウ、クロユリあり。標高差が厳しいが晴れてきて仙丈・甲斐駒・鳳凰三山の展望に皆さん感激。
87/17(日)ガスのち雨 北岳肩の小屋6:20→7:05北岳7:15→8:25北岳山荘8:35→9:20中白根→10:35間ノ岳10:45→11:55中白根→12:25北岳山荘12:45→14:10北岳→14:50北岳肩の小屋 計8時間30分、登り降り400m
夜半は雨、食事・出発30分遅らす、雨は止むがガスで視界20~30m、風あり、気温は高い、北岳を慎重に登り降りし山荘で一休みも戸外、中白根より雨降り、間ノ岳を登り、山荘の戸外で昼食、雨中だが登山者は多い。展望なく厳しい天候だったが肩の小屋に帰り全員満足。 
7/18(月)晴れ 北岳肩の小屋5:45→6:05小太郎尾根分岐→7:45白根御池小屋8:05→10:00大樺沢分岐→10:35広河原~11:30金山沢温泉 計4時間50分 
素晴らしい梅雨の晴れ間、中ア・北アから奥秩父・富士山までの展望を楽しみゆっくり降る。御池小屋の建屋・トイレは立派、ソフトクリームも美味しい。広河原からは暑かった。 

IMGP2125 (800x600)
大樺沢の雪渓
IMGP2141 (800x600)
北岳肩の小屋(3000m)と北岳
IMGP2131 (800x600)
ミヤマハナシノブ
IMGP2142 (800x600)
キタダケソウ
IMGP2145 (800x600)
クロユリ
IMGP2147 (800x600)
鳳凰三山 左の尖がりが地蔵のオベリスク 
IMGP2151 (800x600)
甲斐駒ヶ岳(百名山、2967m)
IMGP2161 (800x600)
間ノ岳山頂
IMGP2162 (800x600)
北岳山頂
IMGP2164 (800x600)
北岳肩の小屋から富士山
IMGP2166 (800x600)
甲斐駒ヶ岳と八ケ岳連峰  写真はクリックで拡大 左のドームが蓼科山、右の尖がりが赤岳
IMGP2170 (800x600)
仙丈ヶ岳(百名山、3033m)、真ん中の尾根を挟んで左が大仙丈沢カール、右が小仙丈沢カール
IMGP2167 (800x600)
北岳肩の小屋と北岳
IMGP2179 (800x600)
広河原からの北岳
スポンサーサイト


ヤマ(登山):東日本の山 | 23:25:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ