■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

涸沢の紅葉と奥穂高岳(百名山、日本第3位の高峰、3190m)
16..9.23~25 上高地から涸沢に入山、連泊し奥穂高岳を登る

9/23日は小雨も24・25日と天候にも恵まれ全員登頂、紅葉も4~6分、涸沢ヒュッテは別棟、雨模様もありさほど混雑せず、涸沢ヒュッテに連泊し、奥穂高岳登頂と紅葉を楽しめた。

・9/23(金)小雨時々曇 雨具の取れない1日、本谷橋はワーヤーの吊り橋あり多少の増水問題なし。紅葉は4~5分、別棟でゆっくり連泊。夕食時県警より9月死亡事故5名、ヘルメット着用とザイテンでのストック収納など注意喚起あり。
平湯6:30~6:50上高地(1500m)7:10→8:00明神→9:05徳沢→10:15横尾10:35→11:35本谷橋→14:10涸沢ヒュッテ(2309) 7時間、14km、登り800m
・9/24(土)曇 シュリンゲハーネスとヘルメット装着、ザイテン事故多発で注意、パノラマコースで行き帰りは涸沢小屋経由、モルゲンロートは5時35分、ザイテンの登りはきつい、穂高岳山荘で一息入れてゆっくり慎重に奥穂を登る。時々涸沢岳・笠・ジャンダルムが現れる。頂上や登り降り時さほど混まず。涸沢のテントと紅葉が美しい。
涸沢ヒュッテ6:00→7:40ザイテン取付き→9:05穂高岳山荘(2983)9:25→10:20奥穂高岳(3190)10:40→11:35穂高岳山荘11:50→12:55ザイテン取付き13:05→14:15涸沢ヒュッテ 8時間15分、5km、登り降り880m
・9/25(日)曇時々晴れ 紅葉が6~7分と進む、上高地までもさほど混雑なし。
涸沢ヒュッテ5:25→7:15本谷橋→8:20横尾8:30→9:30徳沢9:45→10:40明神10:50→11:40上高地 6時間15分、14km、降り800m

IMGP2469 (800x596)
涸沢からの奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳、左の小屋が我々が宿泊した涸沢ヒュッテ別棟  写真はクリックで拡大
IMGP2471 (800x600)
涸沢からの奥穂高岳・涸沢岳の稜線
IMGP2479 (800x600)
奥穂高岳山頂、2mを超すケルンの上に祠がり、右側には方位盤がある
IMGP2480 (800x591)
ジャンダルム
IMGP2496 (800x600)
涸沢の紅葉、ナナカマドが多い
IMGP2509 (800x600)
本谷橋、ワイヤーの吊り橋で増水も大丈夫。ここから涸沢までのザレバの落石注意
IMGP2512 (800x584)
屏風岩


スポンサーサイト


ヤマ(登山):北アルプス | 23:15:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ