■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

紅葉の栗駒山(二百、花百、1627m)
16.10.2.晴れ 東北中部の独立峰、花と紅葉の美しさで人気の山、新幹線で日帰り登山

栗駒山は宮城・岩手・秋田の県境にある火山、由来は駒の雪形、岩手では須川岳。宮城のいわかがみ平から東駒コースを登り、岩手の須川温泉に下る。
いわかがみ平から中央コースと分かれ、溝状にえぐれた水たまりのある道を登り、新湯沢渡渉点から沢を100mつめて右の尾根を登ると東栗駒山、独立峰に広がる見事な紅葉が目に飛び込んでくる。上部は8~10分の状態。階段状の中央コースと合わさるとすぐに山頂、人でいっぱい。月山・鳥海など東北中部の山が一望。
須川温泉に下る道も紅葉が素晴らしい。昭和湖にはWCあり、名残ヶ原を過ぎると須川温泉。露天風呂の大日湯に入る。硫黄泉で気持ち良い。
久しぶりの好天に恵まれ東北の秋山を満喫した。

くりこま高原9:00~10:00いわかがみ平(1114m)10:05→10:40新湯沢渡渉点→11:15東栗駒山11:30→12:20栗駒山→13:35昭和湖→14:15須川温泉(1120m)15:00~16:30一ノ関 4時間10分、7.5km、標高差510m、累積標高530m

IMGP2522 (800x567)
新湯沢渡渉点のオヤマリンドウ
IMGP2526 (800x600)
新湯沢を100mのぼる
IMGP2532 (800x600)
東栗駒山からの栗駒山
IMGP2534 (800x600)
栗駒山山頂
IMGP2537 (800x600)
須川分岐から栗駒山の紅葉、上部はドウタンやカエデとハイマツに覆われており赤や黄色と緑とのコントラストが絶妙で日本一とも称されている。
IMGP2538 (800x600)
須川コースから栗駒山の紅葉
IMGP2545 (800x600)
昭和湖と栗駒山方面、昭和19年の栗駒山噴火でできた湖沼、コバルトブルーが平成8年鬼首地震でこの色に変化
IMGP2547 (800x600)
昭和湖付近の立ち枯れ、火山噴火の影響
IMGP2550 (800x600)
名残ヶ原と栗駒山方面、高層湿原で高山植物の名所
IMGP2551 (800x600)
須川温泉の足湯
スポンサーサイト


ヤマ(登山):東日本の山 | 21:52:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ