■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

奥多摩 棒ノ折山(969m)
17.1.9(月祝) 雪の棒ノ折山を森林インストラクターの仲間と登る

棒ノ嶺の別名をもち四季折々さまざまな風情を見せる山で、埼玉の名栗湖からの登山者が多い。我々は奥多摩の川井からバスで清東橋に行き、ワサビ田の道を通り頂上手前の尾根から登る。尾根からは昨日の雪で足首までの積雪ありキックステップの練習、頂上は広い雪原となり山々の展望と雪景色を楽しむ。
下りは権次峠(ゴンジリ、893m)から名栗湖への道に分かれ、黒山(842)から高水三山の岩茸石山(793m)、惣岳山(756)を経て御嶽に下りた。
登りは誰とも合わず、下りは岩茸の手前で単独行の人と会っただけ、頂上は名栗湖からの数パーティで静かな雪の山にトレースを付けた。
しかし、黒山から御嶽までの道は長く最後の30分はヘッドランプのお世話になった。惣岳山から棒ノ折山は関東ふれあいの道第7番目「山草のみち」に指定の人気のコース、シラカシ、ブナ、ご神木のヒノキの巨木もみごとだった。

川井8:52~9:50清東橋10:00→10:25ワサビ田上部→11:50棒ノ折山山頂12:15→12:55黒岳→13:30雨沢岳15:10岩茸石山→16:00惣岳山→17:45御嶽 7時間45分、13km、標高差:登り1100m、下り1250m

棒ノ折山マップ (703x1024)
棒ノ折山マップ 写真はクリックで拡大
CIMG0239 (1024x766)
清東バス停から奥茶屋に行き、大丹波川を渡るとすぐにワサビ田、けっこう長く終わると急登で尾根にでる
CIMG0240 (1024x768)
棒ノ折山山頂、標識は棒ノ嶺、背景左は秩父の武甲山方面
CIMG0241 (1024x743)
山頂から雲の向こうの谷川岳、日光白根岳方面を望む
CIMG0243 (1024x768)
山頂の「関東ふれあいの道」コース略図
CIMG0246 (1024x768)
黒岳付近、ミズナラが多い
CIMG0245 (1024x768)
黒岳からの川乗山
CIMG0247 (1024x768)
岩茸石山からの惣岳山
CIMG0248 (1024x768)
岩茸石山山頂、ここまで長い道のり、背景は秩父の山並み
CIMG0249 (1024x768)
岩茸石山から望む雲取山、高さ2017.1mで今年2017年1月たくさんの人が登っている。また今年だけの標高プレートもできた。
CIMG0250 (1024x768)
しめつりのご神木、ヒノキの巨木
スポンサーサイト


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:34:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ