■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

奥多摩 三頭山(三百、山梨百、1531m)
17.5.14(日) 曇り時々霧雨  ブナの新緑と数馬の湯を楽しむ

ブナの新緑をお目当てに三頭山に行く。東京都民の森から行くのが一般的だが、歩いてなくて人が少ない山梨側から入山した。
鶴峠バス停には立派なトイレ、峠は少し登ったところ、三頭山へは自分ともう一人だけ、他は奈良倉山方面。
歩きやすく静かな山歩き、時々作業道と交差する。コナラ、ナラ、ブナの緑のカーテンのなかを行く、前半はトラバース気味、後半は尾根道、新緑はベスト。
山頂から人が多くなる。食事をとり富士山を眺めて数馬の湯に下り、ゴールはビールとなった。

JR上野原8:10~9:15鶴峠9:23→10:13向山分岐→11:25三頭山11:38→11:52ムシカリ避難小屋→12:00都民の森分岐→12:50槇寄山→14:03数馬の湯16:08~武蔵五日市  11KM、4時間40分、累積標高1210m

奥多摩 三頭山(1531m)マップ   クリックで拡大
三頭山MAP
ブナのなかを歩く、高度があがると太くなった 東京都水源林でもある   
ブナ1
ブナ2
ブナ3
三頭山山頂と晴れた日の富士山方面の展望
三頭山
頂上展望
曲がったブナ
曲がったブナ
ミツバツツジ
ミツバツツジ
オオカメノキ(ムシカリ)、葉が亀の甲羅に似てるから、ムシカリが多いのでムシカリ峠
オオカメノキ
ムシカリ
数馬の湯(温泉)とゴールはビール、こんにゃく・豆腐・舞茸油炒め
数馬の湯
ゴールはビール
スポンサーサイト


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:40:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ