■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

北アルプス・五竜岳(2814m、百名山)
17.7.16(日)・17(祝) 白馬八方の雪の荘に前泊し、テレキャビン利用で遠見尾根から五龍山荘に行き、五龍岳往復予定も天候で中止、遠見尾根より鹿島槍ヶ岳から白馬岳の展望を望む

・7/16(日)曇のち雨 テレキャビン(1530m)7:00~展望リフト(7:30→9:00小遠見山→10:15大遠見山→13:10五龍山荘 5時間40分 標高差1280m
歩き出してすぐ雨で雨具着るもすぐに不要、天候良くなく早く五龍山荘に着きたいので地蔵の頭・小遠見ピークはパス、大遠見過ぎて雪渓あり、最後の鎖場の前は大きなステップとロープあり、鎖場過ぎてトラバース気味はステップキックで登りアイゼン着けず。雨は西遠見より降り出し白岳では風も強くなる。稜線ではさらに強く、五龍山荘で様子見るが視界も10m程度で悪く五龍岳往復は無理と判断し中止する。
・7/17(祝)小雨、曇のち晴れ 五龍山荘6:00→8:25大遠見山→9:50小遠見山→11:00地蔵の頭→11:15展望リフト~テレキャビン~12:10八方の湯~JR白馬駅
朝弁にし4時起床し5時半まで様子をみるが昨日とあまり改善していない、いずれよくなるだろうがすぐには無理なので下山に決める。雪渓トラバースではアイゼンをつける。10時ごろより雲は多いが、鹿島槍から白馬までのパノラマと白岳の登山ルートや八方尾根が望める。最後に地蔵の頭で眺めおさめ。

五竜岳・遠見尾根周辺マップ   クリックで拡大
IMG_20170718_0001 (1024x722)
白馬八方からの五竜岳、手前が白馬のジャンプ競技場
CIMG1170 (1024x768)
白馬八方からの白馬三山、右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳
CIMG1173 (1024x768)
アルプスだいら(1530m、展望リフト)からの五竜岳(G0)、右は白岳(2451m)、コルに五龍山荘
CIMG1180 (1024x768)
大遠見付近のダケカンバ
CIMG1181 (1024x768)
白岳登りの雪渓とクサリ場
CIMG1182 (1024x768)
白岳のミヤマアズマギク、 白馬山系は蛇紋岩という特殊な岩質で 植物も変わり種が 多く、その変わり種の一 つで礫地に咲く..
CIMG1186 (768x1024)
大遠見山付近からの五竜岳
CIMG1195 (1024x768)
小遠見山付近からの白馬岳、手前は八方尾根
CIMG1196 (1024x768)
地蔵の頭からの左・五龍岳、右・唐松岳(2696m)
CIMG1198 (1024x768)
アルプスだいらにある白馬五竜高山植物園のモミジカラマツ
CIMG1203 (1024x768)

スポンサーサイト


ヤマ(登山):北アルプス | 20:28:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ