■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

森づくりフォーラム・さがみの森
NPO法人「森づくりフォーラム」で“さがみの森”を担当しています。

“さがみの森”は、東京からは50km圏内の神奈川県相模原市にある国有林の一部で、約4.5haのフィールドです。丹沢の北端、仙洞寺山(標高583m)の400~500mのところに位置しています。高尾山などと並んで都心からでも十分日帰りで通える森です。
市民が中心となって森の育て方、森の楽しみ方、また森の手入れの仕方など森についての様々なことを学び、新しい森の姿を作り出す実験の場の場です。多様な人々が、この森での活動を通して、21世紀にふさわしい、私たちと森との新しい関係、「森とともに暮らす社会」を見つけ出そうとしています。
1997年に関東森林管理局東京神奈川森林管理署、(社)国土緑化推進機構と森づくりフォーラムとで三者協定を締結してスタートした、当時としては画期的な体制で取り組んだ事業です。
1996年9月に伐採が行われる前は、一部に広葉樹の二次林が含まれたヒノキの人工林で、伐採された跡の状態から活動を始めました。
当初の段階から、「多様性」と「継続性」をキーワードとしてさまざまな試みを取り入れて展開しています。全体を地形に合わせて21の区画に分け、自然の推移をみていくところ、広葉樹を植栽したところ、広葉樹とヒノキを混植したところ、そしてヒノキの植栽、スギ植栽の区画など、さまざまな計画が立てられました。
最近では植栽したスギやヒノキは最初の育成間伐が必要な段階となり、伐倒作業や枝打ちに追われるようになってきました。そして、当初予定していた場所だけでなく、となりの林分での植栽やすでに樹高20mほどになっているスギ林の間伐を手掛けるなど、活動の幅もさらに広がりを見せてきています。
現在、森林整備活動には60数名のボランティアの方の登録があり、月2回の定例活動には十数名の方が参加されて間伐・枝打ち・下刈り・植樹などの森作り活動が行われています。メンバーは熟年の方が多く、最近女性の方の比率も高くなっています。
現地には横浜線・京王相模原線の橋本から車で行きます。尾根の広場にベースとなる小屋・テント・トイレがあり各種機材と道具がそろっていますので、参加される方は身の回りの準備だけで十分です。
また、小中学生の自然観察や地元・一般・企業・組合の方々の森林ボランティア体験など各種イベントも行い、四季おりおりの自然のなかで幅広い森林活動を行っています。

「森づくりフォーラム」についてはこちら  http://www.moridukuri.jp
活動拠点の山小屋
 IMGP0482小屋
スポンサーサイト


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

| 22:51:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ