FC2ブログ
 
■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

南ア、間ノ岳(3189m、百)、農鳥岳(3026、二百)、広河内岳(2895)
19.8.10~12(月祝)  連日の好天に恵まれ、日本一、白峰三山の稜線歩きを満喫した

・10日(土)快晴 山梨交通の仮眠付き夜行バスで広河原から入山、3連休で登山者多数、本日バス16台とか、インフォメーションセ ンターで登山届と朝食、大樺沢から八本歯のコル、トラバースルートで直接北岳山荘、お花畑と展望を楽しむ、混んでいたが1人 布団1枚あり
 広河原7:20→9:40大樺沢二俣9:50→12:25八本歯のコル→13:20トラバース分岐→14:20北岳山荘 7時間、標高差1080m

・11日(日)快晴 間ノ岳・西農鳥・農鳥岳と日本一の稜線歩きを堪能、それぞれ大きくて雄大な山、大門沢下降点より広河内岳を  往復、大門沢の下りは長い
 北岳山荘4:55→5:35中白根山→6:40間ノ岳7:00→8:35農鳥小屋→9:20西農鳥岳→10:20農鳥岳→11:10大門沢下降点→11: 45広河内岳→12:20大門沢下降点12:35→14:10大門沢俯瞰ガレ場→15:10大門沢小屋 10時間15分、標高差1770m

・12日(月祝)快晴 大門沢小屋は古き山小屋、食事・トイレとも古式、ひたすら降る、急坂、丸木橋、吊り橋あり
 大門沢小屋5:25→7:45吊り橋・登山口→8:15奈良田第一発電所~広河原~甲府  2時間50分、標高差970m

白峰三山周辺MAP  クリックで拡大
間ノ岳農鳥広河内MAP
MAP (2)
広河原からの北岳(3192m、日本第2位の高峰、百名山、南アルプスの盟主)
広河原北岳
大樺沢
大樺沢1
大樺沢2
大樺沢上部とバットレス(右岸壁)
大樺沢3
大樺沢上部の尾根
大樺沢4
バットレス
バットレス
八本歯のコルへの尾根はハシゴの連続
八本歯1
八本歯2
八本歯のコルからも最初はハシゴ
八本歯3
ハシゴを過ぎると岩ゴロゴロの岩稜、北岳が頭の上にかぶさる
八本歯4
八本歯のコルを見下ろす
八本歯5
北岳山荘へのトラバース道
トラバース
北岳の南東斜面は石灰岩質でキタダケソウをなど固有種も多い、トラバース道はお花畑、南アに多いタカネビランジ
タカネビランジ
タカネナデシコとイブキジャコウソウ(小)
タカネナデシコイブキジャコウソウ
キンロバイ
キンロバイ
ミネウスユキソウ
ミネウスユキソウ
イワギキョウ
イワギキョウ
北岳山荘から、日の出前の富士山
朝日富士
北岳(右)と甲斐駒ヶ岳(左)
甲斐駒ヶ岳北岳1
間ノ岳(3189m、日本第3位の高峰、百名山)
間ノ岳
仙丈ヶ岳と鋸岳(右)
仙丈鋸
間ノ岳山頂と北岳・甲斐駒ヶ岳
間ノ岳山頂
左から荒川三山、その後方が赤石岳、右は塩見岳
荒川赤石塩見
農鳥岳(左、3026m、二百名山)と西農鳥岳(右、3051m)
農鳥
農鳥小屋、後方は間ノ岳
農鳥小屋間ノ岳
農鳥岳山頂
農鳥山頂
大門沢下降点、広河内岳分岐
下降点
広河内岳山頂(2895m、白峰南嶺の山)
広河内山頂1
大門沢小屋、ポーランド人のグループと抜きつ抜かれつで着いた、彼らだけで日本人付かず
大門沢小屋
大門沢上部は樹林の急坂、下部は丸木橋や吊り橋あり
大門沢
沢がひらけると広河内岳など白峰南嶺の山々が見える
白峰南嶺
ゴールの奈良田第一発電所バス停
第一発電所
 
スポンサーサイト


ヤマ(登山):東日本の山 | 22:58:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する