■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

雁ヶ腹摺山(1874m)~山梨百名山・秀麗富嶽十二景~
12.4.15(日).曇
雁ヶ腹摺山は、他に牛奥ノ雁ヶ腹摺山、笹子雁ヶ腹摺山があり山梨に3つあが、その本家・本元で旧五百円札の富士山の場所として有名。名前の由来は雁など渡り鳥のコースにあたるので付いたと言われている。
ルートは大峠からの簡単な道と今回我々が使った少し長い金山鉱泉・登り尾根があり、登山概要は高低差1200m(累積2500)・11K・7時間となっている。
道は金山鉱泉より沢と尾根に分岐、金山峠から林道・登り尾根・林道・尾根道、急登と平坦を繰り返す。頂上手前の白樺平で1名不調となり付き添って下山、ストレッチと荷を取りゆっくり歩きで回復された。
金山鉱泉・山口館で入浴後、姥子山と雁ヶ腹摺山を登られた3人組と談笑、うち2人が癌患者で、雁から癌に話が移る。山登りが免疫力向上に役立っている。身内に癌患者を持ち、免疫力が大事と思っているので、お二人の前向きな考え方に同感した。

9:03金山鉱泉9:23 10:45金山峠 12:20白樺平12:50 13:40林道 14:30金山峠 15:20金山鉱泉 (本隊13:20頂上 16:40金山鉱泉 約7時間 下山時富士が望めた)

金山峠のラン岳、サングラスはswansの調光レンズ、明暗が光量で変化し快適
雁ヶ腹摺山_convert_20120417003823


 
スポンサーサイト


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ヤマ(山登り)12年 | 00:38:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ