■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第32回萩往還マラニック大会・250キロ
12.5.2~4.

1999年の第11回大会より里帰りを兼ね連続14回目の参加、運よく完踏できました。過去3回のリタイア、1回のチェックもれ失格、1回のボランティア参加がありますので、実質10回、公式9回の完踏となりました。09年は故障で参加を見計らっているうちに締め切られボランティアとして参加、10年は膝痛で早々に俵山でリタイア、昨年は故障や加齢とのお付き合いが少しうまくなり完踏、結果も42時間32分、45位でした。
今年は後のことと加齢を考えて、より疲れが少なくなるように、ゆっくりで睡眠も少し長くとるようにしましたが、宗頭では予定より1時間寝過ぎてしまい2時間40分も休憩し、玉江駅でも15分寝ました。おかげでそれ以降眠くなく、終わった後の疲れも少なくなりました。また、マラニックセミナーの講師を引き受け、GOOD JOBで話を終えたこともあって、「気分で行かず、気持ちで止めない、走れるところは走る」をモットーに、より良い走りを心がけました。水津・浅原・天野・光野さんなど多くの方と共に走り、竹内・水津さんなどこれまた多くの方々から応援と元気をもらいました。
天候は悪く、2日スタート時雨、一時あがるも再度降り出し、3日は小雨のち曇り風もあり体感温度は下がりました。4日は曇で午後から晴れ、天気予報が半日遅れました。ルートはチェックポイントが3つ増えで厳格になり、東光寺から陶芸の村経由の変更で登りが増えました。コースで厳しいところは俵島・千畳敷・青海島・笠山など変りません。今回は雨多く往還道の田んぼ道が泥んこでとても走れませんでした。
定員は昨年より450名に拡大、参加者が約100名多くなり、一人で走ることが少なくなりました。 
最初から昨年のタイムより遅く、西寺で+30分、宗頭着+2時間50分、発+3時間50分、ゆっくりで仮眠とって走りました。玉江駅の仮眠から起きると隣が8ランの浅原さん、それからゴールまで一緒しました。
ボランティアの方々の親切も素晴らしく、俵島の飴玉と板堂峠手前の草餅おばあちゃんにはいつも感激です。
結果は46時間10分、完踏者220名(完踏率53%)中133位、一番年上でした。
タイム 18:08スタート、19:32上郷、21:23下郷、23:36西寺、1:48豊田湖畔公園、3:15俵山、5:15大坊、6:25油谷中・海湧7:00、8:28俵島、10:03川尻岬、11:43立石観音、13:10千畳敷、14:16黄波戸口、16:20仙崎、17:58鯨墓、20:05仙崎、22:20宗頭1:00、3:35三見、5:00玉江5:15、7:07虎ヶ崎、9:20陶芸の村公園、13:35佐々並、16:18瑠璃光寺、ネットタイム46:10:01

天花畑、萩往還道の石畳を終えて、右が「ラン岳」ことHAYASHI、左が8ランの浅原さん
12萩往還・石畳
瑠璃光寺のゴール
12萩往還




スポンサーサイト


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ラン(ランニング) | 22:27:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ