■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

北アルプス 常念岳(2857m、百名山) 蝶ヶ岳(2677)
9月15日~17日、3連休、一の沢~常念岳~蝶ヶ岳~長塀尾根~上高地
15日晴れ ヒエ平より一の沢を登る、歩きやすい道、胸突き八丁より急登を登り常念小屋、連休で混んでいる 4:35H 16日快晴 常念岳の登り下りは400mありいずれも急、頂上と2512mのピークで浅間から八ガ岳・南ア・中央と360度の大パノラマを楽しむ、槍・穂高が圧倒的な迫力、蝶ヶ岳は三角点と最高点が離れている 6:35H 17日曇 長塀尾根を徳沢に下る、最後が急、上高地街道をバスターミナルへ、河童橋では前穂・奥穂・西穂のパノラマが望めた 5:35H

常念乗越から望むモルゲンロートに染まる槍ヶ岳、左に大喰岳、中岳、モルゲンロートは 朝日をうけて山肌や雲が赤く染まること、高山でみる朝焼け、モルゲンロートは雲で、山はアルペングリューエンと区別する人もあり、クリックで拡大
槍ヶ岳
常念岳~蝶ヶ岳の稜線から望む穂高連峰、右から左に北穂、涸沢岳、奥穂、前穂(頂上直下が井上靖・氷壁の舞台の東壁)、手前の岸壁が屏風岩、真ん中のカール(圏谷)が涸沢、クリックで拡大
穂高
スポンサーサイト


ヤマ(山登り)12年 | 22:51:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ