■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

黒斑山(2404m)から浅間前掛山(2524)
12.10.21快晴 今なお水蒸気を噴き出す浅間山は、三重式活火山、外の外輪山の最高峰が黒斑山、登山規制時はここより浅間山を望む、内の外輪山の最高峰が前掛山で現在はここが浅間山、真中奥の噴火口が従来の頂上で立入禁止が継続中。
前日アサマパークスキー場のロッジ(アサマ2000パーク)に泊まり、車坂峠表コースより外輪山を縦走、黒斑山を経て湯の平に下り前掛山を登り、浅間山荘天狗温泉に下山。湯の平高原を中心に唐松の黄葉が真っ盛り、快晴の青空、ナナカマドの赤、笹や針葉樹の緑とのコントラストが素晴らしく、火山館の管理人曰く「8年ぶりの見事な紅葉」、また、北アルプスから八ガ岳、奥秩父、のパノラマ展望と雄大な浅間山を堪能。(9h)

外輪山の最高峰、黒斑山から望む浅間山、右の最高点が前掛山、その奥の火口壁が本来の浅間山、手前が湯の平高原の唐松原生林の黄葉
黒斑から浅間
浅間前掛山から望む黒斑山と第一火口壁、左の最高峰が黒斑山、右が蛇骨岳、手前が湯の平高原と唐松原生林、クリックで拡大
浅間から黒斑


スポンサーサイト


ヤマ(山登り)12年 | 23:32:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ