■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

仏果山(747m)と経ケ岳(633)
14.3.16 快晴

山域は丹沢の大山・塔ノ岳の前衛で東丹沢の山、丹沢山塊と宮ケ瀬湖・奥多摩の展望に優れ、名前のとおり修験道の山、弘法大師が経文を納めた経石などがある。夏は蛭が多く暑いのでお奨めではない。

入下山とも本厚木よりバスで40~50分、いずれも待ち時間なくラッキー、野外センターより仏果山に取りつく、杉の植林帯を抜けると尾根に出て高取山や宮ケ瀬湖が望める、雑木林の頂上には高い展望台があり丹沢から奥多摩まで展望、ここからやせ尾根の下り、急な上り下りもあり、経ケ岳の頂上は丹沢の山々の眺めが良くテーブルもあってのんびりできる。
登山道にはほとんど雪ないが、沢筋や1000m以上の山々にはまだ多く残っていた。

野外センター前9:15、10:50仏果山11:05、12:15半原越、12:40経ケ岳13:00、14:00半僧坊前 合計4:45

宮が瀬湖1403
仏果山の登路より望む宮ケ瀬湖(中津川を堰き止めたダム湖、神奈川県の2/3に供給)

経ガ岳1403
経ケ岳山頂

スポンサーサイト


ヤマ(山登り)14年 | 20:49:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ