■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

瑞牆山(2230m)と金峰山(2599m)
奥秩父の名峰で100名山、ともに特異な岩峰群を持ち古くから信仰の山

14.5.24  瑞牆山 快晴

森林の多い秩父連山にあって無数の岩峰が集まった山。天鳥川を渡ると桃太郎岩、ここから急登の連続、不動沢からの道を合わせ北面から頂上、この斜面に雪が残っているがアイゼンなしで登行。
無風快晴、頂上の岩の上で富士山から南ア、八ガ岳、浅間山の大パノラマを堪能。
シャクナゲは富士見平から上はつぼみ、トウゴクミツバツツジは満開、若い登山者も多く富士見平はテントの花盛り。

瑞牆山荘6:30、7:20富士見平小屋、8:00桃太郎岩、9:35瑞牆山頂上10:10、11:35桃太郎岩、12:55瑞牆山荘 6時間25分、標高差720m、5.5キロ

14.5.25 金峰山 高曇り

森林帯を抜けると岩稜やハイマツのアルペン的様相と顕著な五丈岩をもつ奥秩父の盟主。
大日岩を過ぎると砂払いノ頭まで雪があるがアイゼン着けず、時々キックステップ、遠くの山々の展望はないが頂上と五丈岩の間の広場でのんびり、金峰山小屋よりアイゼンをつけで樹林帯を下る。
廻目平は日本のヨセミテ、クライマーでにぎわっている。

瑞牆山荘6:55、7:50富士見平小屋、9:00大日小屋、11:05砂払いノ頭、12:20金峰山頂上13:05、13:30金峰山小屋、15:30砂防堤、16:30金峰山荘 9時間35分 標高差1000m、10キロ

瑞牆山140524
瑞牆山の頂上 クリック2回で最大画面
金峰山140525
砂払いノ頭からの稜線と金峰山・五丈岩
廻り目平140525
白樺とカラマツと岩峰の美しい廻目平、日本のヨセミテ






スポンサーサイト


ヤマ(山登り)14年 | 00:06:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ