■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

丹沢、塔ノ岳(1491m)
17.12.17(日)快晴 大倉尾根より塔ノ岳往復し山麓酒場・いろは食堂で打ち上げ

大倉尾根(通称バカ尾根)ピストン(往復)は標高差1200mありトレーニングとしてよく使われている。
我々もそれを目的の一つとし、私は山麓の居酒屋を紹介している本「山麓酒場」の渋沢駅前・いろは食堂の記事に引かれて参加した。期待を裏切らない良いお店で、偶然その本の著者・清野明氏に出会った。
登山は無風快晴の天候に恵まれ、南アルプス、富士山、箱根の山々の展望を楽しんだ。登山道はほとんど階段が整備され滑りやすいところはなくなっていた。
上りは急登に汗をかいたが下りは早かった。バスが待っており、いろは食堂もすぐに見つかり手際の良い山行だった。

渋沢駅~大倉(290m)8:30→9:00観音茶屋→9:20見晴茶屋→10:00駒止茶屋(905m)→10:35天神尾根分岐(1128m)→11:15花立山荘→11:30金冷シ→11:50塔ノ岳山頂12:20→12:40花立山荘→13:20駒止茶屋→13:50見晴茶屋→14:35大倉~渋沢駅 6時間5分、13.4km、累積標高1340m

塔ノ岳マップ   クリックで拡大
塔ノ岳マップ (758x1024)
大倉尾根入口
登山道入り口
見晴茶屋、古い茶店が多いなか比較的新しい、ほとんどの茶店でトイレ更新
見晴茶屋
大倉尾根 階段と急登
大倉尾根
登山道
木道
階段
塔ノ岳山頂と西丹沢方面
山頂
山頂に建つ尊仏山荘
尊仏山荘
山頂からの展望、富士山と愛鷹山
富士山
愛鷹山
愛鷹山
箱根(正面)と金時山(右)
CIMG1836 (1024x755)
湘南と伊豆半島の山々
湘南
大山と首都圏
大山
西丹沢方面
西丹沢
山麓酒場ご推薦「いろは食堂」のお好み料理、地元の野菜料理が美味しい、偶然著者の清野氏が来られておりご挨拶
いろは食道 (710x1024)


ヤマ(登山):東京近郊の山 | 20:07:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥多摩、御岳山(929m)、日の出山(902m)
17.12.10(日)快晴 御岳山から日の出山をまわりつるつる温泉で忘年会

御岳登山ケーブルを利用しで御岳山・武蔵御嶽神社に行き、日の出山で展望を楽しみながら食事をとり、つるつる温泉でくつろぎ忘年山行を楽しんだ。
天候も良く御嶽からケーブルカー滝本駅に行くバスは乗客多く増便、御嶽トレラン大会の日で駅ではスタートを待つ選手でいっぱい、御岳山頂も大会スタッフなど関係者多数。
日の出山は天候に恵まれ風もなくのんびり展望を楽しむ人でいっぱいだった。

御嶽~御岳山駅9:30→10:00御岳山→11:20日の出山12:00→13:50つるつる温泉~武蔵五日市 4時間20分、7km、上り291m、下り740m

御岳山・日の出山マップ   クリックで拡大
IMG_20171223_0001 (1024x628)
御岳登山ケーブル滝本駅、標高差424mを6分
御岳登山ケーブル
御岳山駅でスタートを待つトレラン大会参加者、標高831m
ケーブル下滝本駅
御岳山駅の展望台、御岳平、多摩川流域の眺め
御岳平の展望多摩川
宿坊の山上集落、茅葺屋根に雪が積もっていた
山上集落
武蔵御嶽神社手前の神代ケヤキ
神代欅 (2)
神代欅
武蔵御嶽神社、御岳山山頂
武蔵御嶽神社
御岳山から望む日の出山
日の出山
日の出山から望む川苔山(左)、棒ノ折山
日の出山山頂川苔山棒ノ折山
日の出山からつるつる温泉への下りの尾根
降りの尾根
途中にある日本武尊が顎を掛けた岩
顎掛け
つるつる温泉、お湯も食事も良い
つるつる温泉


 

ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:11:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥武蔵、日和田山(ひわださん305m)、物見山(ものみやま375m)
17.12.3.快晴 低山ながら展望に優れ変化に富む

登山口の高麗は奈良時代のはじめ、朝鮮半島からの渡来人が移住した歴史の町。
駅から鹿台橋(ろくだい)を渡って山道に入る。鳥居で男坂と女坂に分かれ、露岩のある男坂を登る。金毘羅神社の大きな露岩で合流、ここから巾着田、丹沢・奥多摩の眺めが良い。ひと登りで日和田山、大きな印塔が置かれてる。
尾根を下り高指山を巻き、展望があり休憩所のある駒高にでて少し登ると物見山、無風快晴の日だまりで昼食、尾根を下り北向地蔵の手前から五常ノ滝に下る。家族ずれも多く歩きやすい道だった。
ここから車道を歩き武蔵横手駅、秩父夜祭の日で下りは混んでいる。最後は八王子で打ち上げた。

高麗駅9:45→10:05登山口→10:45日和田山→11:20駒高→11:35物見山12:15→13:20五常ノ滝→13:55武蔵横手駅 4時間10分、8..4Km、累積標高487m

日和田山周辺マップ   クリックで拡大
日和田山マップ
西武・高麗駅の案内板
高麗駅の案内板
高麗駅より日和田山(右)を望む
高麗駅より日和田山(右)
日和田山登山口
日和田山登山口
男坂・女坂手前の鳥居
女・男坂手前の鳥居
男坂の露岩
男坂
金毘羅神社手前からの巾着田(巾着の形と曼珠沙華で有名)
金毘羅神社手前より巾着田
金毘羅神社と手前の露岩
金毘羅神社と手前の岩
日和田山と印塔
日和田山
日和田山より日高市内を望む
日和田山より日高市
駒高より丹沢連峰と富士山
駒高より大岳方面
駒高周辺の紅葉
紅葉
物見山山頂
物見山
五常の説明と五常ノ滝、周辺に建て替えた廟がある
五常の説明
五常ノ滝
西武・横手駅の案内板
横手駅の7説明板





ヤマ(登山):東京近郊の山 | 22:45:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥多摩、川苔山(1363m)
17.11.12.(日)快晴 百尋の滝より川乗山に登り、破線の曲ケ谷沢を下り百軒茶屋から川井まで歩く

久しぶりの秋晴れの山行を楽しむ、一つ前の電車が鹿と衝突とかで少し奥多摩着が遅れるが、西東京バスは手際が良く、川乗橋の臨時便が待っている。
バス一台満席の人たちが川乗林道・百尋の滝から川苔山へ進む。百尋の滝前後のトラバース道は崖が深く要注意、沢に下りて登ると川苔山は近い。沢には処々にワサビ田の跡がある。頂上はたくさんの人、富士山、雲取山、蕎麦粒山と大展望を楽しみながらお昼をとる。少し赤杭尾根を下って破線の曲ヶ谷沢(まがりやさわ)を下る。道は間違いやすい個所もあるがしっかりしており桟橋が多い。ここも昔のワサビ田の痕跡がある。大丹波川に出ると道は太くなり、じきに林道に出る。百軒茶屋のバス便は少なく一休みのあと川井まで歩いた。

奥多摩~川乗橋8:55→9:30細倉橋→10:23百尋の滝→11:05分岐→11:55川乗山山頂12:20→13:05曲ヶ谷沢源頭→14:00大丹波川→14:25林道→15:00百軒茶屋15:30→16:30川井  18Km、7時間35分、累積標高1820m

川苔山周辺マップ   クリックで拡大
IMG_20171114_0001 (1024x722)
川乗林道の紅葉
紅葉快晴
林道と山道の分岐点、細倉橋、トイレは使えない
細倉橋
しばらく行くと倒木、橋に被害がなくてよかった
倒木
百尋の滝
百尋ノ滝
川苔山山頂
川苔山
山頂
川苔山から雲取山方面
雲取方面
赤杭(あかぐな)尾根上部より埼玉方面
埼玉方面
コアジサイの黄葉
コアジサイ
コアジサイ (2)
曲ケ谷沢
曲ケ谷沢
曲ケ谷沢 (2)
曲ケ谷沢 (3)
大丹波川
大丹波川
林道、大丹波線合流点
林道



ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:24:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
西上州 荒船山(1423m、二百)
17.10.9(月、祝)晴れ 群馬県の南西部、西上州で船のような特異な山

荒船山は平らな山頂部とすっぽり切れ落ちた岸壁でそれとわかる。東京から近いが交通が不便なのでマイカー登山が多い。私も久しぶりに一緒するOさんに新秋津で乗せてもらった。
登山ルートは多いが、我々は一般的な内山峠から艫(トモ)岩展望台を経て最高点の経塚山を往復した。トモ岩手前ははしご・鎖場があり、頂上台地は笹とモミジ・クヌギなどの落葉広葉樹でおおわれている。水はけ悪くぬかるみが多かった。
帰りは荒船の湯でくつろいだ。

新秋津5:45~内山峠8:23→9:13鋏岩→9:34一杯水→10:00トモ岩展望台10:30→11:15経塚山→11:55トモ岩展望台→13:15内山峠~東村山  8.2Km、4時間52分

荒船山マップ  クリックで拡大
荒船山マップ
内山峠からの登り道
展望台への道
鋏岩修験道場跡
鋏岩修験道場跡
一杯水、飲みに行くのが難しい。ここから急な岩場になる。 
一杯水
トモ岩展望台、クレヨンしんちゃん転落現場
艫岩
トモ岩から望む浅間山、手前には神津牧場が広がる
艫岩から浅間
トモ岩のラン岳ことHAYASHI
艫岩のラン岳
頂上台地
頂上台地
頂上台地 (3)
頂上台地 (4)
頂上台地 (5)
頂上台地 (6)
最高点の経塚山
経塚山




ヤマ(登山):東京近郊の山 | 19:29:33 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ