■プロフィール

ラン岳

Author:ラン岳
FC2ブログへようこそ

山口県生まれ、東京在住、ヤマとランを中心に、日本山岳ガイド協会公認登山ガイド、森林インストラクター、社会福祉士、営業マンとして活動しています。(詳しくはカテゴリのプロフィール)

登山ガイドとして山の知識・技術・楽しさを紹介、主なガイド山域は東日本の百名山・二百名山と奥多摩・丹沢など東京近郊の山々です。(カテゴリ:プロフィールの自己紹介、ヤマの2011年のヤマとラン参照)

登山ガイドなどお問い合せアドレス 
ishinyama-hayashi@nifty.com

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

奥多摩 弁天山292m、網代城山330、336mピーク
17.3.18(土)晴れ 武蔵五日市・秋川沿いの里山と滝やお寺を巡る

バスに乗らない近郊の山は時間に縛られないでよい。電車を気にせず駅でモーニングをとりゆっくりでかける。
武蔵増戸駅より秋川を網代橋で渡り、赤い鳥居から雑木林の山道を登ると弁天山、あきる野市や都心の高層ビルの眺めが良い。木段の尾根道を登ると雑木林に囲まれた網代城山、下ると里におりて小峰ビジターセンターに行く。ここは里山の環境保全に努めていて展示・資料がある。
桜尾根を登ると336mの最高点、尾根を下って金剛の滝を往復し広徳寺を拝観して武蔵五日市駅に行く。武蔵五日市には山麓酒場が、そば柳屋、うどん鶴亀、居酒屋まるま、食事処天芳とあるが、メモして来なかったので一般食堂の音羽でゴールはビールとした。
広徳寺は、臨済宗建長寺派の寺院、南北朝時代・1373年に創建された古刹、江戸時代中期の建造物と考えられている茅葺の山門や本堂がある。2つの門と本堂の重厚で風格のある姿と、都の天然記念物に指定されている最大級のカヤやタラヨウ、イチョウの巨木に圧倒され久しぶりに感動した。

武蔵増戸9:10→9:40弁天山→10:00網代城山→10:25小峰ビジターセンター10:35→11:00/336mピーク→11:30金剛の滝→11:50広徳寺12:05→12:30食堂・音羽→10分で武蔵五日市 3時間20分、9Km、累積標高700m

弁天山・網代城山コース案内  クリックで拡大
弁天山
長年愛用のMontrailのトレランシューズが壊れたので新しいMontrail、今までと同様グリップ力がありとても足にフィット、南大沢アウトレット探してたが良いものがなく、モンベルでColumbiaを教えてもらった。スポーツ界も企業再編、同グループになりColumbiaで買える。今日はトレランもどき、下りや平坦の走りやすいところをゆっくり走った。
CIMG0472 (1024x755)
網代会館向かいの登山口にある赤い鳥居
CIMG0475 (1024x768)
弁天山山頂からのあきる野市街と秋川、山田大橋
CIMG0477 (1024x768)
網代城山への木段の登り道
CIMG0480 (1024x768)
網代城山山頂
CIMG0481 (1024x768)
CIMG0482 (1024x768)
小峰ビジターセンターから桜尾根をのぼる。下部は桜のトンネル
CIMG0489 (1024x768)
稜線取付きにある馬頭観音
CIMG0490 (1024x768)
金剛の滝手前の雌滝、右の手掘りトンネルをくぐると雄滝
CIMG0493 (1024x768)
金剛の滝・雄滝、落差約14m
CIMG0495 (1024x768)
広徳寺案内板
CIMG0510 (1024x768)
広徳寺総門
CIMG0500 (1024x768)
広徳寺かやぶき山門
CIMG0501 (1024x768)
広徳寺かやぶき本堂
CIMG0508 (1024x768)
対の大銀杏とかやぶき本堂、11月中下旬には美しく黄葉し黄色の絨緞をつくる
CIMG0502 (1024x768)
東京都天然記念物のタラヨウの大木(19.1m)
CIMG0506 (1024x768)
東京都天然記念物のカヤの大木(24.5m)
CIMG0512 (1024x768)
農家の庭には桃が満開
CIMG0515 (1024x768)
沢戸橋で秋川を渡る
CIMG0516 (1024x768)




ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:00:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
要害山縦走 尾続山538m、実成山609、コヤシロ山600、風の神様540、要害山538
17.3.12(日)晴れ 上野原近郊、適度なアップダウンと富士山などの眺望、尾根歩きの魅力満喫

眺望がすばらしく、尾続山、コヤシロ山、風の神様、要害山など、多くのビューポイントが点在、歩きやすい尾根道で冬の日だまりハイクを楽しんだ。
要害山は戦国時代に大倉砦として築かれた城山で、山頂には土塁、尾根上には堀切が残っている。
早い時間に降りて、予定通り、上野原の山麓酒場「一福食堂」でゴールはビールとなりました。

上野原8:15~8:50尾続9:00→9:40尾続山→10:05実成山(みなしやま)→10:50コヤシロ山→11:10要害山11:35→12:15鏡渡橋→12:30新井~上野原 3時間30分、6Km

要害山尾続山(709x1024)
要害山縦走マップ  クリックで拡大
尾続過ぎ富士山
最初のピーク尾続山を過ぎた地点の富士山
モミの大木
尾根道にはモミの大木が沢山ある
実成山609
コース最高地点の実成山(みなしやま)山頂は雑木林に囲まれている
タヌキの貯め糞
動物の糞が多く、タヌキはこのように特定の場所にため糞をする
コヤシロ山富士山600
少しもやがかかって残念、コース一番、コヤシロ山からの富士山、眼下は談合坂サービスエリア
風の神様540
小さな祠のある「風の神様」、切り立っておりコースでもっとも展望が開ける
要害山頂の展望
要害山山頂は秋葉大権現と大杉があり、広くて気持ち良く、丹沢・道志・富士山や上野原・東京方面が見晴らせる
山神社庚申搭
要害山入口には赤い鳥居の「山の神様」があり、庚申塔には見さる聞かさる言わさるが彫ってあった
要害山536
鏡渡橋から新井の間で見える要害山、通称「オッパイ山」と呼ばれている
山麓酒場、上野原、一福食道 (1024x722)
今回のゴール、山麓酒場「一福食堂」の紹介、ボリュームがあって美味しい




ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:50:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
藤野十五名山 鷹取山472m、小渕山350、岩戸山377
17.3.11(土) 晴れ 藤野十五名山の3つと東尾垂(ひがしおたる)の湯を楽しむ

「藤野15名山」は、藤野町で選定された藤野を代表する山と峠で以下となっている。
 茅丸 1019m 生藤山 990.3m 陣馬山 857m 明王峠 738.9m 石老山 694.3m 吉野矢の音 633m 石砂山 578m 峰山 570m 鷹取山 472.4m 鉢岡山 460m 名倉金剛山 456.4m 日連金剛山 410m 岩戸山 377m 京塚山(石山) 小渕山 350m

そのうちの3つ、鷹取山、小渕山、岩戸山は上野原から藤野駅かけて低い山並みを連ね冬の日だまりハイキングに適している。富士山の眺めと冬の雑木林の道を楽しみ、私が推薦の東尾垂の湯でくつろいだ。しかし、時間が早かったので、高尾の山麓酒場「あさかわ」に行き遅くなった。

上野原駅~沢井入口8:40→9:33鷹取山→10:30小渕山巻き道→11:50岩戸山→12:30藤野駅~東尾垂の湯 3時間50分、6km

藤野15名山(706x1024)
鷹取山-岩戸山 (1024x988)
周辺マップ  クリックで拡大
鷹取山472
鷹取山、のろし台と釣鐘
鷹取山から富士山
鷹取山からの富士山
小渕巻道
小渕山の巻き道でお昼
尾根道
稜線
小渕山周辺の稜線、コナラ・クヌギの里山
小渕岩戸の石の社
小渕山から岩戸山の間にある石の社、小さな岩場あり
岩戸山377
岩戸山山頂
道志丹沢
ゆず畑と道志・丹沢方面
東尾垂の湯
東尾垂の湯、加温なしの源泉かけ流し、食事も良い



ヤマ(登山):東京近郊の山 | 21:46:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
南大沢で食事と散歩
17.2. わが町・南大沢で友人と食事と散歩を楽しむ

南大沢は多摩ニュータウンにあり、京王相模原線の沿線で多摩センターと横浜線・橋本の間に位置します。多摩丘陵の緑を残した開発と立体交差で歩きやすい街並みで、移転した都立大学、今の首都大学、三井のアウトレットパーク、駅前の商業・公共施設、公団・公社の団地が主だった建物です。
今日は首都大学東京のなかにあるフレンチレストランで昼食をとり、ベルコリーヌ団地と小山内裏公園を散歩しで夕食の二次会で終わりました。

南大沢マップ (838x1024)
南大沢駅周辺マップ、自分の住居は四丁目ベルコリーヌ  クリックで拡大  
CIMG0414 (1024x768)
首都大学東京の正門とシンボルタワー、手前の左右が三井のアウトレット商店街  
CIMG0420 (1024x768)
大学内にあるフレンチレストラン「ルヴェソンヴェール」のランチ、安くて美味しい。サラダ、パン、ソフトドリンクはフリー
CIMG0423 (1024x768)
大学周辺の桜並木に早咲きの蕾が膨らんでいた
CIMG0424 (1024x768)
小山内裏公園の谷戸(丘陵地が浸食されて形成された谷状の地形)の池と立ち枯れ木、南大沢の大正池?



未分類 | 22:00:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
秋吉台トレイル、冠山(377m)
17.2.18・19(日) 晴れ 秋吉台トレイルと宇部~秋吉台~萩のルート確認

帰省し、母・兄の見舞いに行くとともに、萩往還と秋吉台トレイルの下見のため、宇部~秋吉台~萩の車道を確認し、秋吉台の冠山周辺を散策した。 377m 2km
秋吉台ははるか昔、遠い海でサンゴ礁として誕生し、それから約3億5千万年、ドリーネや鍾乳洞が発達した石灰岩の台地・カルスト台地となりました。石灰岩の中にはサンゴ、ウミユリなどの地球と秋吉台の長い歴史を示す化石が見つかります。
秋吉台はかつては森林で、中世、農業の発展にともなって日本各地で草原が誕生しました。秋吉台でも木は切られ一面の草原となり、草は家畜の飼料や有機肥料などに、また、ススキは屋根の材料として大切にされ、良質の草原を維持するために山焼きが行われました。秋吉台の草原は人の営みによって生まれた自然なのです。
山焼きは2月第3日曜日、今年は19日に行われ、男性が1名事故死という不幸があった。

秋吉台トレイルマップ (902x1280)
秋吉台トレイルマップ   クリックで拡大
CIMG0367 (1280x960)
北山(377m)方面
CIMG0371 (1280x960)
CIMG0374 (1280x960)
冠山(377m)山頂
CIMG0378 (1280x960)
CIMG0379 (1280x960)
長者ヶ森
CIMG0380 (1280x960)
CIMG0381 (1280x960)
帰り水・ウバーレの上部CIMG0357 (1280x960)
維新山(我家)の花たち、枝垂れ梅、ミツマタ、水仙
CIMG0387 (1280x960)
CIMG0382 (1280x960)
CIMG0389 (1280x960)
山口宇部空港と宇部市街
CIMG0395 (1280x960)
宇部から東京への上空から、手前から南アルプス(中央のピラミダルが北岳)、八ヶ岳、北アルプス
CIMG0398 (1280x960)
駿河湾と富士山
CIMG0405 (1280x960)
東京湾上空から、左から右へ、富士山、南アルプス、丹沢連峰

ラン(ランニング) | 20:36:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ